LINE Ads Platform(LAP)で効果の良いクリエイティブとは?

LAPで効果の良いクリエイティブとは?

世界の月間アクティブユーザー数1億6,700万人、日本国内のみでも7,300万人というメッセージアプリとして大きなシェアを誇っているLINE(ライン)。そんなLINEのプラットフォームを活用した広告配信が行える、LINE Ads Platform(LAP)でより効果の良いクリエイティブとはどのようなものなのでしょうか。

今日はLINE Ads Platform(LAP)で効果の良いクリエイティブについてご紹介したいと思います。

LINE Ads Platform(LAP)とは

LINEのプラットフォームを活用して広告配信を行えるLINE Ads Platform(LAP)は、2016年3月に発表されてから現在まで圧倒的なスピードで成長し、6,000社以上の企業により導入されている運用型広告媒体となっています。

LINE Ads Platformを通してLINE内での高いMAUを誇る「タイムライン」と「LINE NEWS」への配信に加え、総勢2,400組以上の公式ブロガーが活躍する「LINE BLOG」とダウンロード数1,700万を超える「LINEマンガ」や「LINEポイント」への広告配信が可能です。

配信フォーマットには写真、動画、Dynamic Adsなどがあります。

LINE Ads Platform(LAP)とは

出典:https://www.linebiz.com/jp/service/line-ads-platform/

LINE Ads Platformでは、広告配信企業が専用の管理画面から予算・期間・ユーザー属性・クリエイティブ等を登録・入札し、LINE Ads Platformのシステムにより広告が選定され、ユーザーに表示されます。

より洗練された運用型広告配信プラットフォームに生まれ変わったことで、広告枠数や予算の関係でこれまでLINEに出稿できなかった企業も広く利用が可能になり、広告の表示有無やその効果等を細かく確認・検証しながら運用することができ、予算が限られているプロモーションへの対応や、売上予測や目標達成度等に合わせた配信が可能になります。

新LAPについて、詳しくは以下の記事を参照ください。

「LINE Ads Platform」とは?新LAPの特徴と使い方

2018.11.08

LINE Ads Platform(LAP)の特徴

LINE Ads Platform(LAP)には以下のような特徴があります。

圧倒的なリーチ力

LINE Ads Platform(LAP) 特養

出典:https://ec-growth-lab.com/socialmedia/20180529/

LINEは若い世代だけでなく、35歳以上のユーザー比率が57%と幅広い年齢層に利用されています。SNS以外のスマホサービスと比較しても、LINEでしかアプローチできないユーザーが多く、他媒体ではリーチが難しいユーザー層へのアプローチが可能です。また、ユーザーのアクティブ率が高いことも特徴です。

豊富なメニューにより幅広い目的に対応した施策が可能

集客から獲得、さらにはブランディングまで対応した幅広い広告メニューが用意されています。LINE企業アカウントの友達数を増やす施策を通し、新規顧客の獲得に貢献するなど様々な目的に合わせた施策が可能です。

LINE Ads Platformで効果の良いクリエイティブを作るポイント

広告のクリエイティブは、ユーザーが商品やサービスに対して最初に触れる情報であり、クリエイティブの良し悪しによってユーザーの反応は大きく変わります。

LINE Ads Platformに限らず多くの広告媒体で重要なのは、広告グループやキャンペーン単位での品質スコア(媒体側が、その広告がユーザーにとって価値のあるものかを測る指標で主にクリック率が高いほど品質スコアが高くなる)です。品質スコアが低い場合、いくら入札単価を上げても広告が表示されないというロジックが働くので「クリックされない広告≒ユーザーの興味を惹かないクリエイティブ」を使い続けることは、インプレッション低下による機会損失を招いてしまうことになります。

LINE Ads PlatformでCTRの高いクリエイティブを作るには、タイトル・ディスクリプションや画像・動画といった広告構成ごとに以下のようなポイントが挙げられます。

タイトル・ディスクリプション

  • 「」【】〈〉などを使う(特に冒頭などは【】や<>などを使って目を引くように)
  • 疑問符、感嘆符を使う
  • 具体的な数値を使う
  • 特別感がある(~限定など)
  • ♪などの記号を使う
  • お得感がある(無料など)
  • 対象者を限定する(LINEユーザー、主婦限定など)
  • 季節感を取り入れる(夏にぴったりなど)
  • 同調効果(満足度~%など)(◯代の注文殺到など)
  • 短文で分かりやすくする

画像・動画

  • 一枚絵
  • 白背景/黒背景
  • イラスト
  • 分割
  • 具体的な数値を記載
  • お得感がある(無料、クーポンなど)
  • 対象者を限定する(LINEユーザー、主婦など)
  • 季節感を取り入れる(夏にぴったり~など)
  • シンプルでデザイン性が高すぎない
  • ゲーム性がある

また、LINE Ads Platformは表示される広告面が大きく、同一のクリエイティブ使い続けることでユーザーに飽きられてしまい、反応されなくなってしまう可能性が高いです。同じクリエイティブを使い続けるのは避け、上で挙げたポイントに注意しながら新たなクリエイティブを作り続けるようにしましょう。

LINE Ads Platform(LAP)と相性の良い業種

LINE Ads Platform(LAP)は化粧品や健康食品などといったECサイトと相性が良いです。商品単体や商品羅列など商品が分かりやすいバナーは効果が良い傾向にあり、特に白背景もしくは黒背景との組み合わせや、商品×人物の分割や、白背景にあえてイラストで表現したバナーなどがおすすめです。

また、デザイン性が高くおしゃれなバナーよりも効能などの情報が含まれている分かりやすくシンプルな構成の方が望ましいです。

LINE Ads Platform(LAP)のクリエイティブ事例

ORBIS(オルビス)

ORBIS(オルビス) 
  • 画像:一枚絵
  • タイトル・ディスクリプション:【】で視認性が良く、満足度95%などの具体的な数値や限定という文言を使いお得感を演出。

MUSEE(ミュゼ)

MUSEE(ミュゼ) MUSEE(ミュゼ)
  • 画像:一枚絵
  • タイトル・ディスクリプション:絵文字の活用で視認性が良く、「1月中」「限定」などの具体的な数値や季節感を取り入れている。

イオンカード

イオンカード
  • 画像:一枚絵
  • タイトル・ディスクリプション:絵文字や/などの活用で視認性が良く、5,000ポイントなど具体的な数値や会員限定といったお得感を取り入れている。

まとめ

SNS広告とひとくくりに捉えて一律のクリエイティブ作成をするのではなく、LINE Ads Platformの特性を踏まえて適切なクリエイティブと配信設計をし、効果の良いクリエイティブを生み出しましょう。

LAPで効果の良いクリエイティブとは?
メルマガに登録して最新情報をゲット!

マーケティングをより本質的に

Robomaスクリーンショット
Roboma (ロボマ) は、マーケティング業務の AI による効率化を目指して、主に集客における広告業務を自動化するクラウドサービスです。広告レポートの自動作成や、ダッシュボードでのリアルタイム分析、クリエイティブ分析、広告運用のアシスト機能などを提供します。