Instagram広告とは?

Instagram
クラウド広告運用サービス Roboma (ロボマ)

「インスタ映え」という言葉を当たり前のように聞くようになった昨今、マーケティング業界においてもInstagramへの注目度は急速に高まりました。そして、マーケターのInstagram広告利用も非常に増えています。

今回は、Instagram広告の特徴や種類、費用についてご説明したいと思います。

Instagram広告とは?

Instagram 広告は、かつては限られた企業のみが企業アカウントを開設し、フォローしてくれているユーザーに対して広告訴求をする形で利用できていました。2015年10月よりセルフサーブ型広告の提供を開始しており、「ストーリーズ広告」といったようにラインナップも充実してきています。

Instagram広告の特徴

女性ユーザーを中心に細かなターゲティングが可能

Instagram広告は、女性ユーザーを中心に細かなターゲティング設定でリーチできるというところが特徴です。

引用元:https://gaiax-socialmedialab.jp/post-30833/

上記のデータを見ていただくとわかるように、20代〜40代がボリュームゾーンとなっています。その中でも女性の利用率が高く、アパレルや美容、飲食など女性をターゲットとする企業を中心にInstagram広告は活用されています。

また、Facebook同様、多数のユーザーデータを用いて細かなターゲット設定が可能です。例えば、「東京に住む18歳〜25歳の美容・コスメに興味のある女性」といったターゲティングが可能なため、一般消費者向けの商品を販売する、一般消費者向けのサービスを提供する企業との相性が良いと言えるでしょう。

BtoBサービスを提供する企業であれば、別の広告を検討した方が良いかもしれません。

Instagram独自の「ハッシュタグ」利用で認知度アップ

Instagramは「ハッシュタグ」が存在します。ユーザーは、何か情報を得たい時にこの「ハッシュタグ」を利用しています。例えば、新作のアイシャドウを探したい時は「#アイシャドウ」「#新作アイシャドウ」などで検索します。コスメブランドの広告を出す際は同様に「#アイシャドウ」「#新作アイシャドウ」といったハッシュタグをつけることによって自社のブランド認知を拡大することが可能になります。

広告を出す際は、写真や動画、テキストだけでなく、このハッシュタグをどのように使いこなすかも重要になってきます。

Instagram広告の種類

Instagramの広告は4種類あります。

① 写真広告

② 動画広告

③ カルーセル広告

④ ストーリーズ広告

① 写真広告

Instagramのフィード画面に表示されるシンプルな広告で、3種類のフォーマット(正方形(600×600px)、長方形(600×315px)、縦長(600×750px))があります。

② 動画広告

写真広告と同様にInstagramのフィード部分に動画を表示させることができる広告で、2種類のフォーマット(正方形(600×600px)、長方形(600×315px))があります。

③ カルーセル広告

横にスライドさせると複数枚の画像を表示させることができる広告です。フォーマットは正方形(600×600px)のみで、Instagramでは特に見てもらえる可能性の高い広告です。

④ ストーリーズ広告

2017年3月に全広告主が利用できるようになった比較的新しい広告フォーマットで、Instagramのフィードの上部に表示されます。ストーリーズの投稿と投稿の間に表示されるため自然にリーチすることが可能です。フォーマットとしては全画面に表示されるタイプです。

ストーリーズは24時間で消えてしまいますが、ストーリーズ広告は24時間で消えるということはありません

Instagramの広告料金

Instagram 広告は4つの課金方法から選ぶことができます。

・CPM(Cost Per Mille)

…広告が1,000回表示された時点で課金される

・CPC(Cost Per Click)

…クリックされると課金される

・CPI(Cost Per Install)

…アプリがインストールされると課金される

・CPV(Cost Per View)

…動画が視聴されると課金される

Instagram広告は、達成したい目的によって広告の出稿金額は変更します。

例えば、認知の獲得が目的であれば、多くのユーザーの目に触れる必要があるため、まとまった金額が必要でしょう。キャンペーンへの応募や商品の購入、アプリのインストールなどのコンバーション獲得が目的であれば、単価を決めて広告配信をすることで低予算でも成果を出すことは可能です。

まとめ

Instagram広告は低予算から出稿でき、特に女性をターゲットする場合は非常に有効的な広告です。

しかし、広告のクリック率によってInstagramの表示優先順位を下げられてしまう可能性があります。Instagram広告を利用する場合は、自社の商材のターゲットに対し、効果が最大化される広告の種類と課金方法を選択するよう心がけてください。

クラウド広告運用サービス Roboma (ロボマ)
Instagram
メルマガに登録して最新情報をゲット!

マーケティングをより本質的に

Robomaスクリーンショット
Roboma (ロボマ) は、マーケティング業務の AI による効率化を目指して、主に集客における広告業務を自動化するクラウドサービスです。広告レポートの自動作成や、ダッシュボードでのリアルタイム分析、クリエイティブ分析、広告運用のアシスト機能などを提供します。