広告レポート自動化ツール比較8選。レポートを効率良く作るためのツールの選び方

広告レポート自動化ツールとは?

広告レポート自動化ツールは、デジタル広告の運用と分析を効率化するためのツールです。

これらのツールは、広告キャンペーンのパフォーマンスデータを自動的に収集、整理し、ユーザーが簡単に分析できる形でレポートを作成します。主な機能には、複数の広告プラットフォームからのデータ統合し媒体横断分析、カスタマイズ可能な定型レポート、リアルタイムデータ分析、クリエイティブレポート、予算管理、パフォーマンス追跡、クライアントへのレポート自動送信機能などが含まれます。

広告レポート自動化ツールを導入することにより、マーケティングチームは広告戦略をより効果的に管理し、最適化することが可能になります。レポートの自動化によって時間とリソースの節約が可能となり、戦略的な意思決定と広告効果の最大化をサポートします。

広告レポート自動化ツールは、広告主のマーケティング担当や広告代理店など WEB 広告業界で広く使用されているツールです。

「広告レポートを自動作成する」メリットを解説

「広告レポートの自動化」は、マーケティングと広告運用において多大なメリットを提供します。

自動化ツールの使用による正確性と一貫性の向上

自動化ツールはデータの収集と処理を標準化し、人為的なエラーや偏見を減らします。これにより提供されるレポートは信頼性が高く、一貫したフォーマットでのデータ分析が可能になります。正確なデータは、効果的なマーケティング戦略の策定に不可欠であり、目標達成に向けた具体的な行動計画の策定に役立ちます。

リアルタイム分析と迅速な意思決定

自動化により、最新のデータに基づいたリアルタイムのインサイトを提供することができます。マーケティングチームは市場の変化やキャンペーンのパフォーマンスに迅速に対応し、効果的な意思決定を行うことができます。この迅速な対応は、競争優位を確保し、市場の機会を最大限に活用するために不可欠です。

「広告レポートの自動化」は、広告キャンペーンの効果を最大限に高めるための戦略的な分析を支援します。自動化ツールを使用することで、広告のパフォーマンスに関する深い洞察を得ることができます。例えば、特定の広告が目標オーディエンスにどのように影響を与えているか、または特定のキャンペーンが期待される ROI を達成しているかなどの情報を容易に得ることができます。このような情報は、広告のターゲティングを改善し、予算の最適化、さらには全体的な広告戦略の精緻化に役立ちます。

結論として、「広告レポートの自動化」は作業の速度を上げ、間違いを減らし、常に最新の情報に基づいて素早く行動できるようにすることで、広告の効果を最大限に高め、ビジネスの成果に直結する結果を出しやすくします。これにより、企業は市場での競争力を強化し、持続可能な成長を実現することができます。

広告レポート自動化ツールでできること

データ収集の自動化は、Google広告、Meta広告、X(旧Twitter)広告など複数のプラットフォームからのデータを効率的に収集するプロセスです。これにより、データの一貫性を保ちながら、異なるソースからの情報を一元管理することが可能になります。この自動化プロセスは、手作業でのデータ入力の必要性を排除し、誤りのリスクを減らしながら時間を節約します。

カスタマイズ可能なレポーティング機能

この機能により、企業は特定の指標やデータを選択し、ビジネスのニーズに合わせてカスタマイズされたレポートを作成することができます。これにより、特定のキャンペーンのパフォーマンスや広告支出のROIなど、重要なデータポイントに焦点を当てることが可能です。

時間の節約と効率性の向上

手作業でのデータ集計や分析にかかる時間を削減することにより実現されます。これにより、マーケティングチームは戦略的な業務や創造的な活動に集中する時間が増え、全体の生産性が向上します。

リアルタイム分析

データをリアルタイムまたは定期的に更新し、最新の広告パフォーマンスを常に把握することを可能にします。これにより、マーケティングチームは市場の動向やキャンペーンの効果を即座に評価し、必要に応じて迅速に戦略を調整することができます。

パフォーマンスの最適化

広告キャンペーンの効果を定量的に分析し、改善点や最適化の機会を特定します。これにより、ROIの向上、予算の効率的な配分、および全体的な広告戦略の最適化が実現されます。特に大規模な広告キャンペーンや多数の広告プラットフォームを管理している企業にとって、これらのツールは非常に有用です。効率性の向上、データ駆動型の意思決定の促進、そして全体的な広告戦略の最適化をサポートすることで、ビジネスの成長と成功に寄与します。

広告レポート自動化ツールを比較する際の主要なポイント

広告レポート自動化ツールを選ぶ際に考慮すべき点と選び方について説明します。

連携媒体の対応範囲

広告レポート自動化ツールの効率化を実現するためには、広告出稿をしている広告媒体とのデータ連携が行われているかが重要です。手動作業を最小限に抑えることで、時間とコストの節約、そしてエラーの削減が可能になります。そのため、自社で使用している広告媒体に合わせて適切なツールを選ぶことが不可欠です。

広告レポート自動化ツールの選定において重要なのは、まずデータ統合能力

Google 広告、Meta 広告、X(旧 Twitter )広告、LINE 広告など、多種多様な広告プラットフォームからのデータを一つのレポートに効率的にまとめ、媒体を横断して分析できるようにデータを出力する能力は、広告のパフォーマンスを正確に把握し、戦略的な意思決定をサポートします。この機能により、異なる媒体からのデータを自動的に集約し、広告キャンペーンの全体像を一覧できるため、効率的な分析が可能になります。

ユーザーインターフェースの使いやすさとカスタマイズの柔軟性

引用元:ROBOMA

直感的で理解しやすいインターフェースは、ユーザーが迅速にデータを分析し、必要な情報を容易に得られるよう支援します。この点は、特にダッシュボード機能において重要です。ダッシュボードは、一目でデータの概要を把握できるようにデザインされており、ユーザーは重要な指標やトレンドをすぐに確認できます。また、ビジネスのニーズに合わせてレポートの形式や内容をカスタマイズできるかどうかも、ツール選定時に考慮すべき点です。ユーザーが独自の KPI や目標を設定し、それに基づいたレポートやダッシュボードを生成できる機能は、特定のビジネス目標に合わせた効果的な分析を実現します。このようなカスタマイズ性は、データの解釈と利用を最大化し、戦略的な意思決定を助ける重要な要素です。

出力可能なレポートの種類

引用元:アドレポ
引用元:ROBOMA

上記のようにユーザーインターフェースの使いやすさも大事ですが、実際に出力されるレポートの種類も大事になってきます。どんなレポートタイプがあるのか(ダウンロードできるレポートデータや形式)もチェックポイントの一つです。

データの自動更新とスケジューリング機能

データの自動更新とスケジューリング機能を備えたツールは、広告レポートを定期的に最新状態に保ち、常に現在のデータで分析が行えるようにします。これにより、定めた頻度で自動生成されるレポートをメールや Slack を通じて簡単にチームやクライアントに共有でき、効率的なコミュニケーションと時間節約を実現します。この機能は、迅速な意思決定と戦略的な広告運用を支援します。

コストと ROI (投資対効果)も考慮

広告レポート自動化ツールの選定において、コストと ROI (投資対効果)は決定的な要素です。コストに関しては、ツールの価格だけでなく、導入前後の運用コストや追加機能にかかる費用も検討する必要があります。ツールによっては即時導入が可能なものもあれば、エンジニアの配置が必要なものもあります。 ROI の評価では、ツールによる時間節約、作業効率の向上、広告パフォーマンスの改善など、直接的および間接的な利益を総合的に考えることが大切です。高価なツールであっても、効率化やパフォーマンスの向上により高い ROI を達成することができれば、長期的なビジネス成長と利益に貢献します。そのため、コストとROIのバランスを正しく評価し、ビジネスの目標に合致した最適なツールの選択が重要です。

カスタマーサポートとオンボーディング

優れたカスタマーサポートと充実したトレーニング資料を提供するツールは、問題が発生した際の迅速な対応や効果的なツール利用をサポートします。導入事例やサポート内容を事前に確認し、適切なサポート体制が整っているかを検討することが大切です。また、新規導入時のオンボーディングプロセスの有無や、サポートへの連絡手段(電話、メール、チャット)の利便性も重要な検討ポイントです。

これらの点を総合的に考慮し、ビジネスの特定のニーズに最適な広告レポート自動化ツールを選定することが、効率的な広告運用と成功への鍵となります。

広告レポート自動化ツール8選・比較

ここからは、8種類の広告レポート自動化ツールを比較していきたいと思います。各ツールの特徴など詳しい情報を解説していきますので、ツール選びの参考にご覧下さい。

ツール名特徴
ROBOMA (ロボマ )簡単に導入可能なクラウド型の広告レポートツール。直感的に分析可能なダッシュボード。動画も対応のクリエイティブレポート。月額 30,000 円から。
ATOM(アトム)広告レポートの自動化を提供するクラウドツールで、定型レポートや自由なカスタマイズ機能、157 種の即用フォーマットを搭載。Excel 詳細設定に対応。
アドレポ20 媒体以上対応、完全自動化。豊富なテンプレート、Excel / Googleスプレッドシート/ BigQuery 出力。電話サポートあり。
Databeat Explore37 広告サービス連携、自動収集、整形、蓄積。BI ツール/ Excel /スプレッドシート出力。無料テンプレート、専門スタッフサポート。
glu(グルー)多様なメディア対応、カスタマイズ性高いレポート作成。広告データの自動収集・整形。専門チームによるサポート。
Lisket(リスケット)Google / Yahoo! / Meta 広告対応。自動 Excel レポート生成、リアルタイム予算管理。月額 2 万円、初期費用無料。
Shirofune(シロフネ)Google / Yahoo! / Meta 広告対応。初期設定から予算管理、入札最適化、効果可視化、レポート作成・分析自動化。
アドエビス(AD EBiS)1st Party Cookie プログラム、Cookie 規制下の正確なデータ計測。経路「見える化」、最短 30 分でデータ反映、外部データ連携。

ROBOMA (ロボマ )

引用元:ROBOMA

Roboma(ロボマ)は、簡単かつ迅速に導入できるクラウド型の広告レポート自動作成・データ分析ツールです。広告データの一元管理、自動レポート作成、直感的なグラフを用いた分析を特徴とし、 ETL やDataOps としても活用可能です。API を通じた広告データの加工や集計に対応し、国内最大級の連携媒体をサポートします。広告運用者にとって便利な機能として、クリエイティブ分析、ユーザー招待による画面共有、異常値検知、ROAS / ROI 運用、詳細な内訳レポートなどがあります。料金は月額 30,000 円からで、広告レポートの集計・分析、定期レポートの共有、多様な媒体の管理を幅広くカバーします。ダッシュボードから Excel( CSV )への出力も可能で、カスタマイズ性に優れたテンプレートも提供されています。クリエイティブレポートは静止画と動画広告に対応し、 PDCA サイクルに必要な媒体横断的なパフォーマンス分析も可能です。導入は簡単で、エンジニアは不要、セキュアな認証方法により広告アカウントとの連携も容易です。

運営会社: RoboMarketer 株式会社

詳細はこちらのリンクからご確認ください。


ATOM(アトム)

引用元:ATOM

ATOM は、WEB 広告レポートを効率的に自動化するクラウド型ツールです。このツールは、数分で設定可能な定型レポート機能と、自由なカスタマイズが可能なレポート作成機能を提供します。また、157 種類の即座に使用可能なレポートフォーマットが搭載されており、特に緊急でレポートが必要な場合や、独自のフォーマットを持っていないユーザーに最適です。加えて、Excel を使った詳細なデータ設定に対応し、エクセルに慣れていない人でも簡単にカスタマイズできます。 ATOM では作成されたレポートを指定したメールアドレスに自動送信する機能もあり、配信タイミングの設定も自由に行えます。

運営会社: SO Technologies株式会社

詳細はこちらのリンクからご確認ください。


アドレポ

引用元:アドレポ

アドレポは、広告レポートの自動作成を実現するクラウドサービスです。広告データを API 連携を通じて集約し、エクセル形式での自動出力を可能にします。20社以上の広告媒体との連携があり、スマート考察機能をオプションで利用することで、広告データの比較や分析、改善アドバイスの自動生成が可能です。広告レポートの作成業務を大幅に削減し、マーケティング活動の生産性向上をサポートします。さらに、カスタマイズ可能なテンプレートを提供し、Excel や Google スプレッドシート、BigQuery との連携によるリアルタイムデータ共有も実現します。初期費用は無料で、月額料金は30,000円から始まります。

運営会社: 株式会社イルグルム

詳細はこちらのリンクからご確認ください。


Databeat Explore

引用元:Databeat

Databeat は、広告データの自動収集、整形、蓄積、およびレポート作成を自動化するツールです。37種類以上の広告サービスとの連携に対応しており、媒体ごとに異なる指標を自動で統一する機能を持っています。BI ツールや Excel 、スプレッドシートなどへの柔軟なデータ出力が可能で、無料のレポートテンプレートも提供しています。専門スタッフによるサポート体制が整っており、広告運用の効率化と分析の精度向上を実現します。

運営会社: アジト株式会社

詳細はこちらのリンクからご確認ください。


glu(グルー)

引用元:Glu

Glu は、運用型広告レポートの作成を支援するシステムです。このシステムは広告データの自動収集、整形、蓄積を行い、多様な広告メディアとツールに対応します。カスタマイズ可能なレポート作成機能を提供し、効率的な広告運用を可能にします。また、広告運用に関する豊富な知識を持つ専門チームがサポートを提供し、広告運用の効率化と分析精度の向上を実現します。

運営会社: アタラ合同会社

詳細はこちらのリンクからご確認ください。


Lisket(リスケット)

引用元:Lisket

Lisket は、リスティング広告と SNS 広告のレポート作成・予算管理を自動化するツールです。広告データの自動生成、編集可能な Excel レポート、複数広告媒体の一元管理機能を提供し、広告運用の時間とリソースを大幅に削減します。利用料金は月額 20,000 円(税込 22,000 円)からで、初期費用や追加課金オプションはありません。Google 広告、Yahoo!広告、 Meta 広告など主要な広告媒体に対応しており、実際に利用する広告アカウントに基づいて料金が変動します。

運営会社: 株式会社カルテットコミュニケーションズ

詳細はこちらのリンクからご確認ください。


Shirofune(シロフネ)

引用元:Shirofune

Shirofune は、日本で唯一の Yahoo! 広告 API 認定パートナーとして、広告運用の自動化ツールを提供します。Google 広告や Yahoo! 広告、その他主要な広告媒体に対応し、広告の新規配信設定から改善施策の実行までをトータルで自動化。初期設定から予算管理、入札最適化、広告効果の可視化、レポート作成までの工程を自動化し、広告運用の作業工数を最大 92 %削減します。特に全顧客・複数媒体の数字の一元管理や月の予算管理の自動化が評価されています。これにより、広告主や広告代理店は、予算消化率の最適化やコンバージョンの最大化を実現できます。

運営会社: 株式会社Shirofune

詳細はこちらのリンクからご確認ください。


アドエビス(AD EBiS)

引用元:アドエビス

アドエビス( AD EBiS )は、広告効果測定に特化したプラットフォームです。流入施策の成果を正確に把握する最新の計測方式、コンバージョンまでの経路把握によるユーザー行動の「見える化」、そして流入施策の進捗状況をいつでも閲覧可能な柔軟性が特長です。1st Party Cookie プログラムを活用し、プライバシー保護の観点からも安心です。専任担当者による導入支援プログラムと、豊富な知識を持つサポート担当による運用支援も提供されています。

運営会社: 株式会社イルグルム

詳細はこちらのリンクからご確認ください。


まとめ


広告レポート自動化ツールは、広告管理業務を効率化し、業務の質を向上させるための重要なツールです。これらのツールは、複雑な広告データを明確かつ視覚的に表示し、分析や運用を容易にすることで、広告のパフォーマンスを最大化します。広告データの視覚化により、広告の効果を素早く把握し、改善策を迅速に講じることが可能になります。

Excel のテンプレートや Looker Studio のようなツールも広告レポートの作成に役立ちますが、広告レポート自動化ツールはさらに手軽で、より高い生産性を実現します。これらのツールは、時間を節約し、広告運用をより効率的に行うための強力なアシスト機能を提供します。

広告レポート自動化ツールの市場には、さまざまな種類のツールが存在し、それぞれに独自の機能や特色があります。一部のツールは多機能性を提供しますが、すべての機能がすべてのユーザーにとって必要とは限りません。したがって、選択の際には、必要な機能とコストパフォーマンスのバランスを考慮することが重要です。

適切なツールの選定は、広告のパフォーマンスを向上させ、結果的にビジネス成果に直結します。自動化ツールの選択に際しては、広告キャンペーンの目的や規模、予算など、ビジネスの特定のニーズを念頭に置くことが重要です。広告レポート自動化ツールの導入を検討している場合は、この記事の情報を参考にして、ビジネスの状況合ったに最適なツールを選定し、広告運用の効率化を図ることをお勧めします。