LINE Ads Platform に Dynamic Ad 機能がリリース

LINE Ad Platform に Dynamic Ad 機能がリリース
クラウド広告運用サービス Roboma (ロボマ)

「LINE Ads Platform(LAP)」に Dynamic Ad 機能が搭載されました。みなさんはこの2つのキーワードがどういったものなのかを正しく理解できていますか?

今回は、「LINE Ads Platform」と「Dynamic Ad」の特徴や事例を分かりやすく説明させていただきます。

そもそも「LINE Ads Platform」とは?

いまの日本においてLINEはもはや他のSNSとしのぎを削るコミュニケーションツールとなっています。そのLINEに掲載されている運用型広告こそ「LINE Ads Platform」です。

頭文字をとって「LAP(ラップ)」などとも呼ばれており、なにかと話題の広告です。

LINE Ads Platformとは

出典:https://www.mongoroid.com/blog/advertising/line-ads-platform_20180723.html

LINEは他のSNSと比べても国内での利用者が圧倒的に多いです。そのためSNS自体をあまり使っていない層にも幅広くアプローチできるというのが最大のメリットです。

LINE広告プラットフォーム「LINE Ads Platform」とは?新LAPの特徴と使い方

2018.11.08

LINE Ads Platform の特徴

「LINE Ads Platform」の特徴は大きく

・クリック課金型

・インフィード型

・配信面

の3つに分けることができます。

クリック課金型

「LINE Ads Platform」はクリック課金型の広告であり、その広告がクリックされない限り費用は発生しません。これはWeb広告でよく見るリスティング広告と同じ課金形態です。

その広告に興味のないユーザーはクリックしないので興味があるユーザーだけを獲得することができます。

インフィード型

「LINE Ads Platform」はタイムラインやLINEニュースなどに違和感なく表示されることです。

ユーザーに対して自然に表示されるため、広告感をあまり出さずにアプローチすることができます。

配信面

「LINE Ads Platform」の最大の特徴としてあげられるのが配信面です。タイムラインやLINEブログ、LINEマンガにも配信されています。

非常に多くの人達が使っているLINEに配信できることは、その分広告を多くのユーザーに触れてもらえる機会が増えるということです。

LINE Ads Platform を使った事例

株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインはLINEユーザーで接触できていない層へのアプローチとして「LINE Ads Platform」を活用しました。

具体的には、ゴルフグッズがもらえるプレゼントキャンペーンLPに誘導する広告を配信し、LINEログインで会員登録することをキャンペーンの参加条件とする施策を出しました。そして、当選通知をLINEで配信するようにし、キャンペーン参加後のブロック率を下げる工夫などを施しました。

その結果として、他の広告配信よりも会員登録率が非常に高くなりました。

LINE-Ads-Platform活用事例

https://blog.feedmatic.net/entry/2018/09/28/143332#LINE-Ads-Platform活用事例

Dynamic Ad とは?

みなさんは「Dynamic Ad」(ダイナミック広告)という言葉をご存知でしょうか?これは広告の一種ですが、ユーザー一人一人に最適だと思われる広告を掲示するという特徴を持っています。

広告とは「広告主がターゲットユーザーに対して、欲しいと思っていたものを提供できた」時にこそ、まさに高い広告効果が得られます。「Dynamic Ad」は、広告主の商品やサービス情報をフィードとしてあらかじめ登録しておくことで、ユーザーの過去の閲覧情報や購入履歴を元に、その人その人にあったおすすめの広告を提示してくれるため高い広告効果を発揮することができます。

Facebook Dynamic Ads を使った事例

一流ホテルや旅館を厳選した宿泊予約サイト「relux」では、Facebook Dynamic Ad を使ったキャンペーンを行いました。

例えば、過去に宿泊施設の詳細ページを閲覧したが予約にまでは至らなかったユーザーや、予約フォームまでいったけれど結局予約しなかったという、より購買意欲が高いと考えられるユーザーに対し、最後に閲覧した宿泊施設に関連する施設を紹介しました。

その結果として、CVRが20%も上がりました。CVRとは購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標のことです。

LINE-Ads-Platform活用事例 Relux

https://gaiax-socialmedialab.jp/post-41224/

LINE Dynamic Ads の登場

この「Dynamic Ad」という機能が「LINE Ads Platform」に搭載され広告業界内で話題となっています。その名も「LINE Dynamic Ads」。合体必殺技みたいな名前ですね。

LINE Dynamic Ads とは?

この広告には興味深い特徴があります。

LINEのタイムラインにアイテム単位で訴求

Webサイトにおけるユーザーの行動履歴をもとに、最適化された広告素材を自動で生成しそのユーザーのタイムラインに広告を掲載します。

関連度の高いパーソナライズな広告の配信

広告主のWebサイト上でのユーザーの行動などを元に、そのユーザーの好みや関連度の高い広告を自動で生成し掲載します。ECや旅行業、不動産、人材など商材の多い場合であっても、クリエイティブを個別に作成する必要がなく関連度の高い広告を自動で生成、配信します。

LINE 広告

出典:https://blog.feedmatic.net/entry/2018/11/29/124354

以上の特徴により、広告主の求めるユーザーへより最適なアプローチをすることができ、その広告効果は飛躍的に向上する可能性があります。

まとめ

幅広いユーザーへとアプローチが可能な「LINE Ads Platform」に最適な広告を掲示してくれる「Dynamic Ad」が導入されることは、広告主にとって非常に大きな存在になることは間違いありません。ご参考にしてください。

クラウド広告運用サービス Roboma (ロボマ)
LINE Ad Platform に Dynamic Ad 機能がリリース
メルマガに登録して最新情報をゲット!

マーケティングをより本質的に

広告運用自動化 Roboma (ロボマ)
Roboma (ロボマ) は、マーケティング業務の AI による効率化を目指して、主に集客における広告業務を自動化するクラウドサービスです。広告レポートの自動作成や、ダッシュボードでのリアルタイム分析、クリエイティブ分析、広告運用のアシスト機能などを提供します。