インスタグラム広告にかかる費用(料金)とは?

Instagram広告にかかる費用(料金)とは?

みなさんこんにちは。広告運用の自動化サービス ROBOMA(ロボマ)の運営チームです。

Instagram広告は100円から出稿が可能となり、その導入コストの手軽さなどから、ますます多くの企業が活用するようになっています。さらに、最近ではストーリーズを活用した動画広告も増えてきました。しかし、どのくらいの費用をかければ、広告の効果が期待できるのか相場などがイマイチわからないという方も多いかと思います。

そこで、今回はそんなInstagram広告の費用や課金体系についてご紹介したいと思います。

Instagram広告費用の目安

Instagram広告は、「セルフサーブ方式」というあらかじめ設定した予算内で出稿することができる方式が採用されています。また、配信期間も自由に設定できることも特徴の1つです。

Instagram広告にかかる費用(料金)とは?

広告の目的が何であるかによっておおよその予算は異なってきます。

目的が「認知の獲得」である場合

月額数十万〜数百万円が目安となり低予算の場合はターゲットを絞る必要が出てきます。認知獲得のためには、多くのターゲットユーザーに認知をしてもらわなければいけないため、ある程度まとまった金額が必要となります。

そのため、どのような施策を行うのかによっても金額は変動しますが、数十万円〜数百万円(月額費用)が広告の効果を実感できるおおよその予算でしょう。広告に割ける予算が少ない場合、誰に認知してもらいたいのか明確にペルソナを決定し、性別・居住地域・年齢などによりターゲットを絞る必要があります。

目的が「コンバージョンの獲得」である場合

キャンペーンへの応募、商品の購入、アプリのインストールなどのコンバージョン獲得を目的にする場合、単価をしっかり決めて広告を配信することで、認知の獲得に比べ、数千円からといった低予算でも確実に成果を出すことができます。

一方で予算をある程度かけると、広告を見た人が実際にアプリをインストールした後に友人に勧めたり、キャンペーンに応募したことをSNSに投稿し、その投稿を見た別の人もキャンペーンに参加したりといったオーガニック流入の増加が見込めるため、広告の費用対効果の最大化が見込めます。

このように目的に合わせて自由に予算を組むことができるため大企業だけではなくスモールビジネス、スタートアップや短期間でのキャンペーン実施、個人でのビジネスにも活用できます。

Instagram広告の課金方法

Instagram広告には以下の4つの課金方法があります。

・CPM

・CPC

・CPI

・CPV

① CPM (Cost Per Mill)

インプレッションの数によって料金が変わる課金方式で、WEB広告でよく見られるスタンダードなものです。このタイプは広告が1,000回表示された時点で課金されるタイプで、認知拡大やリーチ拡大を目的とする広告に最適な課金方式です。

CPMは、何回クリックされても費用は変わりませんが、広告がユーザーのフィードに表示されるだけで費用が発生します。1リーチあたり0.5〜1円が目安です。

② CPC (Cost Per Click)

広告がクリックされる度に料金が発生する課金方法で、CPMとともによく使われます。自社サイトやアプリダウンロードページへの誘導、商品購入が目的である時になどに向いています。1クリック40〜100円が目安です。

③ CPI (Cost Per Install)

アプリがインストールされる度に料金が発生する課金方法です。アプリのインストールを目的としているキャンペーンに向いています。

Instagramの性質上、スマートフォンユーザーが非常に多いためアプリ広告との相性が良く使われることが多いです。1インストール100〜150円が目安です。

④ CPV (Cost Per View)

動画の再生時間に応じて料金が発生する課金方法です。動画のほとんどが再生される、または再生数が合計10秒以上になると費用が発生します。1再生4〜7円が目安です。

動画広告はCPMかCPVのいずれかから選択できます。選び方のポイントとしてはより多くの人にリーチさせたい場合はCPM、興味が高いユーザーにしっかりリーチさせたい場合はCPVを選ぶと良いでしょう。

Instagram広告の適切な予算

Instagram広告を初めて配信する場合、1ヶ月10万円程度の予算での配信をおすすめしています。Instagram広告は少ない予算でも運用することが出来ますが、ユーザーの反応を見ながら広告のPDCAをうまく回していくには、10万円程の予算が適切でしょう。

初めてInstagram広告を出稿する場合は最適な訴求や、どのようなクリエイティブが良いのかなどを把握するためにも、少なめの予算でテストし、その結果によって修正して行くのが良いでしょう。

Instagram広告の費用対効果を上げるコツ

対象となるターゲットを明確にする

広告配信をするなら、むやみやたらに配信しても効果を期待するような効果を得ることは難しいです。特にInstagram広告は、Facebookのユーザーデータを活用することができるため、細かなターゲティング設定ができます。なので、具体的なペルソナを設定しすることが重要になります。

インパクトのあるクリエイティブを作る

ユーザーの目に止まるようなインパクトのあるクリエイティブを作ることもコツの1つです。

例えば、若者に人気のストーリー機能で、企業感を感じさせない自然な感じのクリエイティブを作るとユーザーが見てくれる確率も上がりますし、自社商品の販売が目的であれば、ユーザーがその商品を使っているところをイメージさせることができるようなクリエイティブを作れば、広告をクリックしていくれる可能性も上がります。

広告の配信目的やターゲットごとに意識するクリエイティブのポイントは変わってきますが、ユーザーの目に止まるようなインパクトのあるクリエイティブを作ることは意識すべき点だと思います。

ハッシュタグを活用する

近年、若者の中で「ハッシュタグ検索」をする人が増えてきています。
ハッシュタグ検索とは、YahooやGoogleなどの検索媒体ではなく、Instagramのハッシュタグで検索することです。

そんな中で、Instagram広告は、広告にハッシュタグを設定することができます。なので、ハッシュタグとして自社名を入れてブランドの認知の拡大を狙ったり、検索されやすい人気のキーワードなどを入れ込んで流入を狙うのもいいでしょう。

まとめ

Instagram広告は、予算に合わせて運用できるので大企業だけではなく様々な企業が活用できます。課金方法にもいくつか種類がありますので、広告の予算や目的に合わせて選びInstagram広告を上手く運用しましょう。

Instagram広告の出稿方法

2019.02.06