【2020年最新版】マーケティングに関連するおすすめの資格とは?国際資格もご紹介

【2020最新版】マーケティングに関連するおすすめの資格とは?国際資格もご紹介

最近新しくマーケティング担当者になった方や、他の業種からマーケティング系の仕事に転職しようと思っている方も多いのではないでしょうか?また就職においてマーケティングの職業に就きたい学生もいると思います。

その中で「マーケティングの資格」を取得していると、知識を身に付けることにも繋がるし、知識の証明にもなるので資格を取りたいという方も少なくないかと思います。

でも、いざマーケティングの資格といっても種類が多すぎて何を取ればいいかわかりませんよね?

そこで今回は、マーケティングに関するオススメの資格についてご紹介していきたいと思います。

マーケティングに関連する資格って本当に必要?

マーケティングに関連する資格は沢山ありますが、マーケティングに関わる仕事をしている全員が資格を取らなければいけないというわけではありません。資格を持っていなくても、マーケティングに関わっている方で活躍しているマーケターも沢山います。なので、すでに実務をこなしていてある程度の実績のある方なら、資格は必要ないかもしれません。

逆に以下のような方は資格を取っておいた方がいいかもしれません。

  • 新しくマーケティング担当者になった方
    新しくマーケティング担当になった方は、最初は知識も全くない中でとても大変だと思います。そんな中でよりスピード感のあるインプットを図るためにも資格を取得するために勉強することで、実務をする以上の速さで知識を得ることができるでしょう。また資格があることで周りからの信頼を得ることにも繋がるので、取っておいても損はないでしょう。
  • 未経験からマーケティング職に転職しようと思ってる方
    未経験からマーケティング職に転職しようと思っている方の場合、何かアピールポイントがあった方が企業側も採用しやすくなります。また、実際にマーケティング職に転職した際も元々知識があるのとないのとでは仕事のやりやすさが違うと思うので役に立つでしょう。

マーケティングに関連するおすすめ資格7選

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス実務検定は、特定の業界・職種に頼らないマーケティングの幅広い知識を身に付けることができる検定です。

提携実務が行えるレベルの知識を得られるC級、業務の運営が行えるレベルの知識を得ることができるB級、マーケティング戦略の立案や、意思決定、判断業務ができるレベルの知識を得ることができるA級に分かれています。

マーケティングに関して幅広く勉強することができるので、「マーケティングの資格は取りたいけど何の資格を取ればいいのかわからない」という方におすすめの資格です。

C級は勉強目安時間は30時間と言われているので、初心者の方は是非C級の取得から目指してみてください。

難易度:C級とB級は初心者向け

受験料:C級 6,270円、B級 7,480円、A級 12,760円

https://www.marke.jp/

ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定とは、インターネットを活用したマーケティング全般の知識や手法を身に付けることができる検定です。

Webマーケティング担当者に必要なSEOやLPO、インターネット広告に関する幅広い知識を身に付けることができるので、Webマーケターを目指している方やWebマーケター初心者の方におすすめの資格です。

難易度も比較的簡単と言われていて、近年の合格率も70%と言われています。

勉強目安時間も20時間ほどと言われているので、Webマーケティングに関わる方は取っておいて損のない資格だと思います。

難易度:簡単

受験料:6,000円

https://www.sikaku.gr.jp/nm/

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)

Googleアナリティクス個人認定資格は、Googleアナリティクスの習熟度を公式に認定する資格です。Googleアナリティクスの基礎的な知識から高度な知識まで身に付けることができます。これに合格すると、自分のGoogleアカウントから認定書を表示・印刷することが可能になるので、Googleアナリティクスの習熟度と実務レベルでGoogleアナリティクスを使えることを証明することができます。

Webマーケターの初心者の方や、Webマーケターでスキルアップ・キャリアアップしたい方にオススメの資格です。

無料で受験することができますが、資格の有効期限が18ヶ月間で、期限後に再取得するには再受験する必要があるので注意が必要です。

難易度:やや簡単

受験料:無料

https://skillshop.exceedlms.com/student/path/2949-google-gaiq

Google広告の認定資格

Google広告の認定資格とは、Google広告に関する知識の習熟度をGoogleが公式に認定する資格です。Google広告の基礎的な知識から高度な知識まで身に付けることができます。こちらも合格すると、自分のGoogleアカウントから証明書を表示・印刷できるようになるので、Google広告についての知識を持っていることを客観的に証明することができます。

取得可能な資格として、以下の6つの資格があります。

  • Google広告「検索広告」認定資格
  • Google広告「ディスプレイ広告」認定資格
  • Google広告「アプリ広告」認定資格
  • Google広告「動画広告」認定資格
  • Google広告「ショッピング広告」認定資格
  • Google広告の測定認定資格

またこちらも受験料は無料ですが、資格の有効期限が1年で、期限ごに再取得するためには再受験する必要があるので注意してください。

難易度:やや難しい

受験料:無料

https://skillshop.exceedlms.com/student/catalog/list?category_ids=395-google

Webアナリスト検定

Webアナリスト検定とは、Googleアナリティクスの使い方や、データ分析の考え方などのポイントを身に付けられる検定です。

この検定は、Googleアナリティクスの基本的な数値の読み方や実際の分析方法などの実際の実務でもすぐに使えるような知識を体系的に学ぶことができます。

実務で活用できる知識を身に付けることができるので、Webマーケティングの担当者になったのに全く知識がないという方や、未経験からマーケティング職に転職したいという方におすすめの検定です。

講義を5時間受けた後、検定を実施することができるので、短期間で資格を取得することができる点もおすすめです。

難易度:かなり簡単

受験料:講師によって異なるので、公式サイトを参照してください

https://www.jwa-org.jp/webanalyst/

ネットショップ検定

ネットショップ検定とは、EC事業での実務能力を身に付けることができる検定です。

ECサイトでの商品の購入が当たり前になった時代だからこそ、EC事業での知識や、ECサイトの制作やプロモーション、運用などの実務能力を身に付けることができるネットショップ検定は取得しておくと役に立つ検定です。

基礎のレベル1とレベル2の2つに分かれており、合格するとネットショップ実務士の資格を取得することができます。

EC事業に関わるひとや、関わっている人におすすめの資格です。

難易度もレベル1は初心者の方向けなので、比較的優しいでしょう。

難易度:やや簡単

受験料:レベル1 7,000円、レベル2 7,500円

https://acir.jp/

中小企業診断士

中小企業診断士とは、企業の経営に関わる知識やスキルを全般的に身に付けることができる検定です。中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家であり、経営とマーケティングは切っても切り離せない関係なので、転職にもスキルアップにも確実に役に立ちます。

難易度としては近年の合格率が1次試験は23.5%で2次試験は18.8%と決して高くなく、難しい検定だといえるでしょう。しかし、この資格を取得すれば今までとは違った視点から物事を見ることができるマーケターになることができるでしょう。

難易度:難しい

受験料:1次 13,000円、2次 17,200円

https://www.j-smeca.jp/contents/007_shiken.html

マーケティングに関連するおすすめ国際資格

MBA(経営学修士)

MBAは、経営学の大学院修士課程を修了すると授与される学位です。

人的資源管理や財務会計、情報・マーケティングなど組織経営にとって必要な知識を学ぶことができ、どんな業界でも活躍できる人材になることができます。

日本だけでなく海外でも様々な国で学ぶことができ、それぞれで学ぶ良さが違うので自分に合った選択をするといいでしょう。

CFA(Chartered Financial Analyst)

CFAとは、証券分析や運用アドバイスにおいて世界的に認知されている全世界で通用する資格です。日本語では「米国証券アナリスト」と呼ばれています。

金融や投資の分野において、この資格取得者は活躍しています。外資系の証券会社や資産運用会社などでは資格取得者を優遇する企業もあるほどです。

レベル1〜レベル3に分かれています。資格の難易度としてはとても難しいと言われています。また、新規の受験者の方は登録料として450ドル支払う必要があるので注意しましょう。

https://www.cfasociety.org/japan/Pages/default.aspx

マーケティングに関連する資格のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はマーケティングに関連する資格についてご紹介しました。

今回ご紹介した資格以外にもまだまだたくさんのマーケティングに関連する資格が存在します。

その中で、自分の資格を取る目的に合ったものを選んで勉強していきましょう。

マーケティングでおすすめの書籍

2019.11.05