KPIツリーの作り方とおすすめツール紹介

KPIツリーの作り方とおすすめツール紹介

みなさんこんにちは。広告運用の自動化サービス ROBOMA(ロボマ)の運営チームです。

効果が目に見えにくいとよく言われるコンテンツマーケティング。今日はそんなコンテンツマーケティングの成果を分かりやすくするのを助けてくれるKPIツリーについてご紹介したいと思います。

そもそもKPIツリーとは

KPIツリー

出典:https://goodpatch.com/blog/kpi-project-management/

KPI(Key Performance Indicator)とは重要業績評価指標とも呼ばれ、最終的な目標(KGI)を達成するための、過程を計測する中間指標のことです。KGI(Key Goal Indicator)とは、最終目標が達成されているかを計測するための指標のことで、重要目標達成指標とも呼ばれます。これはKPIにもKGIにも共通することですが、具体的な数値や期限を設定し、明確な判断基準でなくてはなりません。KGIを達成するために不可欠な過程を設定し、過程をどのくらいの状態で通過できれば、最終的な目標が達成できるか、そして過程一つ一つが達成出来ているかどうかを数値で計測するのがKPIです。

KGI(Key Goal Indicator)とは?KPI との違いとは?

2018.12.06

KPIを設定するメリット

① 定量的な評価ができる

「なんとなく最近口コミの評判がいいね」といった定性的な評価ではなく、どれだけKGI達成に近づいているかを定量的に評価できます。チームの中だけではなく、上司やクライアントへ数値共有する際にも役立ちます。

② 全体を俯瞰して見ることができる

KPIがどのようにKGI達成に結びつくのかは、上図のような「KPIツリー」を描くことによって明確になります。このように、目的と目標の関連性を表し、各メンバーが施策を考えやすくすることがKPIツリーの役割です。

闇雲に施策を打つのではなく、追っている指標がどのように目標達成につながるのかを俯瞰してみることで、安心して数字を伸ばすことに専念できます。

③ PDCAサイクルが回しやすくなる

どのようなサービスにおいても、ボトルネックを早期に発見し、PDCAサイクルを素早く回すことがサービスを成功させるカギを握ります。 正しいKPIツリーを作ることで、「注力するべきフェーズ」が明確化されます。1つのKPIに執着しすぎずに、成果が見込めない場合は別のKPIを探して新しい施策を考えましょう。そうすることで、素早くPDCAサイクルを回すことができます。

KPIツリーの作成手順

KPIの設定において意識すべきポイントをいくつかご紹介します。

1.SMART

KPIツリー SMART

出典:https://www.singlemomhandbook.com/single-post/2016/10/18/Why-do-we-set-goals-anyway

・具体的であること(Specific)

・計量可能であること(Measurable)

・現実的であること(Achievable)

・最終目標と関連していること(Result-oriented or Relevant)

・期限があること(Time-bound)

初めからKPIを正しく設定することは難しいことです。SMARTを常に意識し、イメージしやすく定量的で期限のある現実的なKPIの設定を目指しましょう。

2.主要成功要因を導き出す

はじめにKGIからKPIをいくつか考え出す際にどうすればいいのかいまいち分からない時には「KGIの主要成功要因を導出する」という意識を持ち「3C分析」を行うと良いでしょう。競合他社との格差(competitor)、自社の能力(company)、顧客対応能力(customer)に分けて分析してみましょう。そうして導き出したKPIそれぞれに対しても同様にどうすれば達成できるのか、またそれに向けた中間目標を考えるという意識でたくさんのKPIを書き出していきましょう。

3.分解する要素は遅行指標から先行指標へ

KPIツリー 要素

出典:https://innova-jp.com/kpi-tree/

KPIツリーを書く際は左から右に進むにつれて遅行指標から先行指標という流れになっているかを確認しながら進めましょう。

4.KPIツリーを構成する要素を洗い出しておく

特にECサイトやWebマーケティングでは構成要素が多く、事前にGoogle Analyticsやメールマーケティングの分析データを参考に、主要要素となり得る指標を洗い出すことが効果的です。KPIツリーを分解する過程で、直感的に要素を選択でき、主要な要素が漏れることがありません。

Google Analyticsデータ指標例
ホームページへのアクセス数 (訪問数) / 平均ページビュー数 (PV 数) / 直帰率、 Web サイト滞在時間 / 広告種類別訪問客数 / 平均購入単価 (顧客単価 ) / 検索エンジンからの流入数 / 広告からの流入数など
メールマーケティングデータ指標例
配信成功数 / 配信エラー数 / 開封数・率 / メール全体に対するクリック数・率など

おすすめツール3選

Excel(エクセル)

Excel(エクセル)

出典:https://excel-master.net/graphics/smart-art-logic-tree/

Excelを開き「挿入 – 図 – SmartArt」を選択し、SmartArt機能の組織図を使うと、簡単にツリー構造が描画できます。

Coggle

Coggle

一般的にはマインドマップの作成のためのツールとして知られていますが、KPIツリーの作成にも向いています。Googleアカウントがあれば無料で使うことができ、操作がとても簡単です。無料版で、PDFや画像データの出力が可能です。

Canva

Canva

Canvaはディシジョンツリーの作成に使われるツールですが、簡単なKPIツリーの作成にも向いています。デザインが豊富であり、PDFやJPG形式でダウンロードも無料版で使用可能です。クライアントへのプレゼンといった見せるKPIツリーを目的とした場合におすすめなツールです。

ディシジョンツリー:https://www.canva.com/ja_jp/graphs/decision-trees/

まとめ:SMARなKPIでKGIを達成

精度の高いKPIツリーを作成するのは始めはなかなか難しいかも知れません。SMARTなKPIを設定し、KPIツリーを上手く作成しKGIの達成に役立てましょう。