5G時代の動画広告で必要なこととは?

5G時代の動画広告で必要なこととは?

最近は電車などで動画を見る人が増えていますが、それでも地下鉄のトンネル内では通信が途切れたり、パケット通信制限などを気にしている方も多いのではないでしょうか?5G時代になると、通信環境が悪い場所でも快適に動画視聴することができます。

それに伴い、動画広告もますます発展することが予想されます。近年、動画広告市場は急成長を見せており、年々市場が拡大していますが、その背景には、スマートフォンの普及と通信速度の発展が関係しています。

今回は5G時代に予想される動画広告における変化についてご説明していきたいと思います。

そもそも5Gとは?

5Gとは「5th Generation」の略称であり、第5世代移動通信システムを意味していて、現在の4Gにかわる最新の通信技術です。

2020年に本格的な導入が検討されています。もし実現すると、超高速・大容量通信・多数同時接続などが可能になり、人々の生活に大きな変化が訪れるとされています。

5Gの特徴

5Gの特徴は主に以下の3つがあります。

  • 高速大容量通信
  • 低遅延
  • 多接続性

① 高速大容量通信

1つ目の特徴は、最大で20Gbpsもの通信速度を実現する「高速大容量通信」です。

5Gは従来の4G回線の「約1,000倍」の通信速度が可能となるため、インターネットの閲覧や4K、8Kなどの超高画質な動画が現在よりも快適に利用できるようになります。また、loT(Internet of Things)による膨大なデータ通信にも耐えることができるなどといった様々なネットワーク障害にも素早く対応し、結果として通信コストの削減も可能になります。

② 低遅延

2つ目の特徴は、ネットワーク遅延が1,000分の1以下と限りなく小さく、遠距離でもずれが生じにくい「低遅延」です。

ネットワーク遅延とは、サイトを開いてからサイトが見れるまでに生じる通信時間の遅延のことを指します。これにより、現在の4Gでは遅れがちなFaceTime、LINE、Skypeなどのビデオ通話や、リアルタイム性が重要となるライブ配信でも、今後は遅延が出にくくなると予測されています。また、遠隔手術などといったような医療行為にも活用可能となるかもしれません。

③ 多同時接続

3つ目の特徴は、1平方キロメートルあたり100万個以上の機器を同時に接続できる「多接続」です。現代社会では、人と人や人とモノを繋げるloT化が進んでおり、このままネットワークに接続される機器が増えると、通信負荷に耐えられなくなってしまいます。そこで、この多接続性が可能である5Gを活用することで、さらなるloT化の発展が期待できます。家電や車なども今よりもっとネット化され便利になるでしょう。

5G 多同時接続

出典:https://markezine.jp/article/detail/28624

5Gでできることって?

5Gの実現によって以下の分野で大きな変化が起きると言われています。

  • 農林水産業
  • 交通・移動・物流
  • スマートシティ(エネルギーなど)
  • 建設・土木
  • エンタメ・ゲーム・観光(教育・文化)
  • 医療・健康・介護
  • ショッピング・金融・経済
  • スポーツ・フィットネス
  • 工場・製造・オフィス
  • 政府・自治体
  • 安心・安全(防災・防犯・インフラ管理・見守りなど)
  • スマートホーム(ファッション・日用品など)

引用:http://www.soumu.go.jp/main_content/000414038.pdf

ここではその中の一例をご紹介していきたいと思います。

農林水産業

loT技術の導入により、生育状態・気候・市場状況まで全ての情報を統合して効率化が期待されます。また、ドローンや無人農機の導入などにより人いらずの農業が可能になります。

少子高齢化により、後継ぎ不足が心配されている農林水産業にとってはいい機会かもしれません。

医療・健康・介護

医療分野にも革新が起きます。

5Gによって高精細な映像をリアルタイムに病院に送ることが可能になれば、患者と離れた場所にいる医師が手術現場に助言をしながら手術を進めることも可能になります。

それにより、患者の負担も減らすことができます。

また、遠隔手術が可能になれば、緊急搬送されているヘリや救急車の中での手術も可能になり、助かる命が増えていくことが期待されます。

5G時代の動画広告で必要なこととは?

それでは、上記で説明したことを踏まえて、5G時代の動画広告で必要なことは何でしょうか。

新しい動画メディアの誕生

5G時代には、新しいメディアが生まれるとも言われています。既に、TikTokInstagram、Snapchat のように動画を中心としたメディア・SNSや動画広告は存在していますが、今はまだ通信量などの問題で短尺動画に限られたり情報量が少なかったりしています。

しかし、5Gの時代が来ると、誰もがどこでも高品質の動画を視聴することが可能になります。それにより、より多くの動画が生まれ視聴者数も増えることでしょう。eスポーツの発展により、ゲーム動画の視聴者数も急増しているため、これらが組み合わさったメディアの登場により広告市場も変化することが予想されます。

5年後に動画広告市場は5000億円に

サイバーエージェント社の調査によると、動画広告市場は5年後に5,000億円に達すると予想されています。もしかするとさらに大きく成長するかもしれません。

動画広告市場の水位予測

引用:https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=22540

動画広告ネットワーク5選、特徴と仕組みについて

2018.12.28

動画広告の種類やフォーマットが増える

動画メディアや動画配信面の拡大に伴い、より多くの動画フォーマット(サイズ、容量、形式など)が増えていくでしょう。また表現方法も多岐に渡り、TVCMのように短くコンパクトに見せるものから、長尺動画や3Dを組み合わせてストーリーや世界観に没入できるものまで様々な拡がりを見せるでしょう。それにあわせて動画広告の制作や編集技術も向上していくと思われます。

またアプリやソフトの発達で、個人でも簡単に動画を制作できるようになっているため、個人がシェアする動画が企業のマーケティングにとって大事になるかもしれません。

Facebook広告でベストな動画広告フォーマットとは?

2018.12.28

動画広告の成果地点が変わる

動画広告は最初の掴みが大事であると同時に、視聴時間が長いほど商品・サービスへの理解が深まり、コンバージョン率(CVR)や顧客生涯価値(LTV)が高くなる傾向にあります。

これまで動画の視聴数をKPIにしてきた広告主も、徐々にその後の登録や申し込み、購入といった深い成果地点で広告効果を測るようになるでしょう。

また、業界や商材によって動画による訴求方法が最適化され、独自の表現方法やフォーマットが確立されていくことが予想されます。

まとめ

今回は話題の5Gについてご紹介してきました。

5Gが世の中に浸透し利活用されるようになることで、今よりも便利な世の中になることが期待できます。

また、広告市場にも新しい動画広告の表現方法やフォーマットが生まれることが考えられます。

新しい時代に、より面白い動画を生み出すのはユーザー自身の力かもしれません。

動画広告の特徴とは

2018.11.28