IMAGE関数とは?Googleスプレッドシートで画像を貼り付ける方法

IMAGE関数とは?Googleスプレッドシートで画像を貼り付ける方法

エクセルやGoogleスプレッドシートで画像を挿入したいと思ったことはありませんか?

エクセルだとセルに収まるように画像を挿入することができないのですが、Googleスプレッドシートだとそれができます。

そんなときに活躍するのが「IMAGE関数」です。

今回はGoogleスプレッドシートだけにある便利なIMAGE関数をご紹介したいと思います。

IMAGE関数とは?

「IMAGE関数」とは、画像の URL を指定することでセルの中に画像を挿入することができる関数です。単に画像を挿入するだけでなく、画像のサイズも自由に指定することができます。

ただ、IMAGE関数には1つ欠点があり、ネット上に公開されている画像しか表示することができません。つまり、リンクを知っていれば誰でも閲覧できる状態にある画像しか表示されないので注意が必要です。

IMAGE関数の使い方

構文

=IMAGE(“画像URL”, [モード], [高さ], [幅])

それぞれの引数について説明していきたいと思います。

・画像URL

画像のURLです。プロトコル(http:// や https:// など)も含めます。

URLの値は、二重引用符で囲むか、適切なテキストを含むセルへの参照にする必要があります。

・モード(省略可、デフォルトは1)

画像のアスペクト比に関する設定モードです。

1 アスペクト比を変えずに、セル内に収まるように画像サイズを変更します。
2 アスペクト比を無視して、セル内に収まるように画像を引き延ばすか決めます。
3 画像を元のサイズのままにします。その場合、画像がトリミングされることがあります。
4 カスタムサイズに変更することができます。

※画像に合わせてセルのサイズを変更するモードはありません。

・高さ(省略可)

画像の高さをピクセルで指定します。

カスタムの高さを設定するには、モードを4にする必要があります。

・幅(省略可)

画像の幅をピクセルで指定します。

カスタムの幅を設定するには、モードを4にする必要があります。

IMAGE関数の具体例

では実際にどのようにIMAGE関数を使えば良いのかご紹介していきたいと思います。

使用例

=IMAGE(“https://www.google.com/images/branding/googlelogo/1x/googlelogo_color_272x92dp.png”, 4, 50, 100)

例として、画像をサイトから取ってきてセルの中に当てはめるやり方を見ていきましょう。

画像のURLを抜き出します

画像を右クリックして「画像アドレスをコピー」するか、Chromeの場合「検証」モードを使って画像のURLを見つけることができます。

IMAGE関数 使い方

この画像の場合は、以下のURLとなります。

“https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KAZUHIRO171013022_TP_V.jpg”

IMAGE関数を使って実際に画像を挿入する

Googleスプレッドシートを開いて、先ほどのURLを使って、実際に画像を貼り付けてみましょう。

IMAGE関数 使い方

画像URLを直接関数に書き込む方法以外にも、上記のように別のセルに入力されたURLを指定することもできます。

IMAGE関数 使い方

このように画像がセルの中にぴったり挿入されました。デフォルトではセルのサイズに合わせて画像が自動縮小されます。

同じようにやっていくと、

IMAGE関数 使い方

このようにキレイな表を簡単に作ることができました。

詳しくはGoogleのヘルプページでもご確認いただけます。

https://support.google.com/docs/answer/3093333?hl=ja

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はIMAGE関数を使用して、Googleスプレッドシートのセルに画像を挿入する方法についてご紹介しました。

この便利な関数を使って、どんどん見やすい表を作れるようになっていきましょう。

ピボットテーブル(Pivot Table)とは?Googleスプレッドシートでの使い方

2019.02.06