ピボットテーブル(Pivot Table)とは?Googleスプレッドシートでの使い方とは

Googleスプレッドシートでピボットテーブルを使う方法

みなさんこんにちは。広告運用の自動化サービス ROBOMA(ロボマ)の運営チームです。

エクセルで集計する際にピボットテーブル(Pivot Table)を使っているという方は多いかと思いますが Google スプレッドシートでもピボットテーブルを扱うことができます。

Googleスプレッドシートで大量のデータから集計を行う際に活用すると便利です。今日はそのGoogleスプレッドシートでPivot Tableを使う方法をご紹介したいと思います。

ピボットテーブル(Pivot Table)とは

ピボットテーブルは、データを多元的に集計して見ることができる、データ可視化要約機能です。

対象集計データはPivot Tableと呼ばれる第2のテーブルに表示され、自動的に表内格納データの並替、合計値、平均値、総数、標準偏差が出力できるほか、クロス集計が利用できます。

縦軸(列)と横軸(行)の項目を自由に組み替えて、好きな集計フォーマットにしてくれます。様々な項目が含まれたデータから、必要な項目だけを抜き出して、それぞれごとに集計してレポートを出したい場合に便利です。例えば、商品ごとの売上を集計したり、月別のお問い合わせ数を集計したりなどです。

スプレッドシートでピボットテーブルを使う手順

1. Googleスプレッドシートを開く

https://www.google.com/intl/ja_jp/sheets/about/

2. 新しいスプレッドシートを作成

画面右下の赤い『+』をクリック。

3. データをスプレッドシートにコピペする

列タイトルを含めた全てのデータをコピーします。スプレッドシートのシート1のA1セルにデータを貼り付ける。月ごと、週ごとに集計したい場合は、あらかじめ元となるデータに月、週の列を作っておきましょう。

Googleスプレッドシートでピボットテーブルを使う方法

 

4. ピボットテーブルを作成

貼り付けたデータ範囲内の任意のセルを1つ選択します。全部範囲選択でも可能です。

メニューの『データ』-『ピボットテーブル』をクリック

Googleスプレッドシートでピボットテーブルを使う方法

5. 行、列、値を設定して完成

「行」は横軸の集計単位を指定し、「列」は縦軸の集計単位を指定します。「値」には、集計したいデータ項目を指定します。「フィルタ」には、必要に応じてレポート全体の絞り込みに使いたい項目を指定します。行と列の項目には「並び替え」を指定することができ、どの項目で何順で並べるかも指定できます。また、値も合計(SUM)だけでなく、平均(AVERAGE)やカウント(COUNTA)などの関数を選択できます。また、「計算フィールド」を選択すると、自分で数式を作って独自の項目を作成することもできます。

「ピボット テーブル 1」という新しいシートが開くので、
『レポートエディタ』→『行- フィールドを追加』→『日付』をクリック。

Googleスプレッドシートでピボットテーブルを使う方法

同様に『レポートエディタ』→『列- フィールドを追加』→『商品』、『レポートエディタ』→『値- フィールドを追加』→『金額』をクリック。

Googleスプレッドシートでピボットテーブルを使う方法

以上でピボットテーブルは完成です。この例では、日別・商品別の売上を集計しています。必要に応じて、データの表示形式やセルの背景色などを設定します。

行、列、値には複数のラベルを設定することも出来ます。表示順序も自由に設定可能で、レポートエディタ上でドラッグすることで後から順序を変更することも出来ます。

ピボットテーブル使い方のまとめ

ピボットテーブルはGoogleスプレッドシートだけでなく、エクセル(Excel)においても使える便利な集計機能なので使い方を覚えておくと便利でしょう。

IMAGE関数とは?Googleスプレッドシートで画像を貼り付ける方法

2019.07.29