OKRとは?企業のパフォーマンスを最大化するための仕組み作り

米企業Intelが考案しGoogle、Facebookといった世界的企業も導入する目標管理手法OKR。日本ではメルカリが導入しさらに注目を集めています。

近年企業を取り巻く環境の変化は激しくなっており、従来の人材評価方法や目標管理方法は限界が指摘されており、新たな手法が試みられています。

今日は、最近注目を集めているOKRについてご説明したいと思います。

OKRとは?

OKR

引用:ピアリー株式会社

OKR(Objectives and Key Results)とは目標の設定・管理方法のひとつでインテル社で導入され、GoogleやFacebookなども取り入れていています。OKRでは、まず目標(Objectives)を設定し、目標達成のために必要ないくつかの成果指標(Key Results)に分解します。

目標に設定されたすべての成果指標(KeyResult)の平均値を集計することで目標の達成度を算出します。OKRの目的はすべての従業員が同じ方向を向き、明確な優先順位を持ち、一定のペースで計画を進行することであり、その最大の特徴は会社の目標と個人の目標がリンクすることです。

また、OKRの特徴としては従来の目標設定管理方法に比べて高い頻度で設定、追跡、再評価できることなども挙げられます。

OKRを導入するメリット

  • 企業全体のビジョンと個人の活動を一致させることができる
  • 個人の目標や結果が可視化されることで、組織内のコミュニケーションが活性化される
  • やるべきこと、やらないことを明確にし、優先度の高い目標に集中することができる
  • 定期的に目標に対する進捗を振り返るため、環境の変化に対して柔軟に対応しやすい
  • 野心的でチャレンジングな目標設定を行いやすい

OKRとKPIは何が違うのか

OKRと似た概念として、KPIがあります。両者の違いについて触れておきましょう。

まず、KPI(Key Performance Indicator)は、重要業績評価指標を意味します。経営を実行する上では、様々な種類の業績評価指標が活用されますが、KPIはその中でも「目標の達成に向かってプロセスが適切に実行されているかどうか」を計測する役割を担います。

一般的には、導入するか否かについては、部門ごとに決定されます。一方、OKRはより大局的な全社レベルでの目標設定に活用するものであり、経営トップを含むあらゆる従業員が例外なくOKRを設定します。

OKRの導入手順

OKRには大きく5つの手順があります。順番にみていきましょう。

  1. Objective(目標)を設定する
    Objective(目標)は以下のような条件を満たしている必要があります。

    ・チャレンジングかつ野心的なものであること

    ・定性的なものであること

    ・期限が定まっているものであること

    ・チームでアクション可能であること

    Objectiveは会社を鼓舞するようなチャレンジングなもので定量的でないことが望ましいです。期限が明確であることも大切であり、1~3か月で達成できるものが良いでしょう。

  2. Key Result(成果指標)を設定する
    Key Result(成果指標)は以下のような条件を満たしている必要があります。

    ・計測可能な定量的なものであること

    ・目標を達成可能にするものであること

    ・困難だが現実的なものであること

    ・目標を優先順位付けするものであること 

    設定する指標は普通に頑張れば達成率が70%程度になるような難易度であるのが望ましいと言われています。実現可能な範囲の中でぎりぎりの数値にすることによって、成長が促進されます。

    また、目標1つに対して、成果指標は通常1~3つ、最大でも4つまでに抑えるようにし、多くなりすぎないようにしましょう。

  3. 全メンバーのOKRを共有する
    OKRを運用する上で重要なことは、経営トップから社員に至るまで全員のOKRが公開され、共有されていることです。

    会社としての方向性、部署・チームの方向性、そして個人の方向性が一致し、自分の成果が会社のビジョンに貢献していることが可視化されることで、社員のエンゲージメントを高める効果も期待できます。Googleでは、経営トップを含むすべての従業員が四半期毎に自らのOKRを更新して公開しています。社内全体でOKRを共有し議論を行うことで、四半期ごとの会社全体の方向性や優先課題を理解することができ、メンバー全員が同じ方向を向くことに役立ちます。

  4. 定期的なコミュニケーションを図る
    OKRを設定・共有した後も設定した期間が終了するまで各部署や個人がそれぞれ有機的に連携することによって、はじめて大きな目標を達成することができるようになります。

    OKRの振り返り1on1ミーティングなどを通してメンバー同士が密なコミュニケーションをとり、進捗を確認することが大切です。

    1on1ミーティングとは、上司が部下の育成や社内コミュニケーションの活性化を目的として実施するミーティングです。1on1ミーティングを定期的におこない、遅れやずれが生じている場合は、適宜修正を行いましょう。

  5. 成果を測定する
    設定した期限が来たら、達成度合いを数値化して達成度を確認します。ひとつのKR(Key Results)に対して、達成度を0.0~1.0、または%でスコアリングします。このKR(Key Results)の平均がO(Objective)のスコアとなります。

    OKRの達成率と従業員の成績は結びつくことはありません。野心的な目標設定をするというOKRの本来の目的を阻む可能性があるためです。70%程度の達成で十分に達成できたものとみなし、達成できなかったものも次のOKRでその反省を生かすことが重要です。

OKR導入事例

Google、Facebookといった大企業をはじめとして多くの企業がOKRを取り入れています。いくつか事例をご紹介します。

メルカリ

メルカリは、役員のOKRに会社と同じOKRを設定し、ピラミッドの頂点から下に向かって紐付けをして設定しています。

メルカリの人事制度では、基本的に数字で測れるもの以外は判断や評価をしない方針であるため、OKRとMBO(目標管理制度)を併用して成果を評価します。

Sansan

法人向け法人向け名刺管理サービスを提供するSansanでは、会社と自己の成長を重ねるというOKRを掲げ全社共有の目的達成を目指すOKRを重視しています。またOKRの徹底のため、2018年4月にResily株式会社が提供する法人向けクラウドOKRサービス「Resily(リシリー)」を導入しました。

OKRのまとめ

従来の人材評価方法・目標管理方法が見直されている今注目されている「OKR」。

目標や成果指標を適切に立てて、社内全員で共有し議論を重ねていくことで会社全体のチャレンジングな目標達成に貢献することでしょう。