アクセス解析のおすすめ無料ツール3選(Google Analytics、Search Console、Fullstory)

アクセス解析の おすすめ無料ツール3選

近年、Webサイトの利用目的が変化しています。

かつては、主に自社の情報を発信することが目的となっていたのですが、最近では自社の製品やサービス情報を発信しながら売上をアップさせたり、広告運用を行いながら自社製品やサービスのコンバージョン数を増やす目的を持つサイトも増えてきました。

そこでWebサイトの現状を知り、よりコンバージョン数をアップさせるために活用されるのがアクセス解析ツールです。

今回はこの「アクセス解析」についてご紹介します。

そもそもアクセス解析とは?

アクセス解析とは、Webサイトにアクセスしてきたユーザー情報、動向を取得することです。アクセス解析をすることで自社のWebサイトのコンバージョンアップに繋がる課題を見つけることができます。例えば、ユーザーがどこから流入したのか、どのページを見たのか、どんな時間帯に来たのか、それはコンバージョンに繋がっているのかなどといった情報を確認することができます。

その情報を元に、ユーザーの情報を分析し、コンバージョンアップに繋げるための課題を見つけることが重要になります。

アクセス解析ツールの種類

アクセス解析ツールは、データの取得方法によって大きく3種類に分類されます。

サーバーログ型

サーバーログ型は、ユーザーが自社のWebサイトに訪れた際に閲覧したデータを記録しています。これをアクセスログというのですが、このアクセスログのデータを解析ツールが取り込むことで解析しています。

記録されているログを全部解析することができるため、幅広く解析ができる一方で、リアルタイムで分析することができないという点もあります。

アクセス解析 種類 サーバーログ型

出典:https://www.seohacks.net/basic/terms/access_analysis/

ウェブビーコン型

ウェブビーコン型は、自社のWebサイトにタグを埋め込み、ユーザーがそのタグの埋め込まれたページを読み込むと、データを記録します。

自由度が高いので、欲しいデータを計測しやすい一方で、Webサイトにタグを埋め込む必要があるので、導入にコストがかかる場合があります。

アクセス解析ツール 種類 Webビーコン型

出典:https://www.seohacks.net/basic/terms/access_analysis/

パケットキャプチャリング型

パケットキャプチャリング型は、サーバーに置かれているネットワークに監視ツールを設置し、そこでユーザーとサーバーとの間でやりとりされるデータを記録します。

サーバーとユーザーとの全てのやりとりを記録できるため、細かいデータの分析ができますが、解析用のサーバーを設置する必要があり、初期費用に大きなコストがかかります。

アクセス解析ツール 種類 パケットキャプチャ型

出典:https://www.seohacks.net/basic/terms/access_analysis/

アクセス解析でできること

アクセス解析で分析できることは以下のようなことです。

・自社のサイト状態の確認

Webページの流入数や離脱率、滞在時間などを確認することで、自社のWebサイトの問題点や改善点を発見することができます。

また、データを出すことで自分たちの予想だけでなく、実際のユーザーの行動や考えなどを知ることができます。

アクセス解析 自社サイトの状態確認

出典:https://ferret-plus.com/curriculums/9722

上記のように確認することができます。

数値が異常に減っている場合は、何か必ず原因があると思うので、そこを探し出すことが必要です。

・ユーザーの行動がわかる

ユーザーがどこから流入したのか、どんな行動をしたのかなどを確認することができます。

そうすることでユーザーが自社のWebサイトに何を求めているのかを知ることができます。

自社のターゲットユーザーが流入しているのか、していないのかなどを確認でき、していない場合は改善に役立てることができます。

・実施した施策のPDCAを回せる

キャンペーンや新しいコンテンツの公開など、色々な施策を行なっている企業も多いかと思います。しかし、これはやりっぱなしではコンバージョンの改善などに繋がりません。

ユーザーにどんなコンテンツが好まれているか、キャンペーンの効果がでたのはなんでなのかを解析したデータを使って考察することが大切です。

こうすることで次に繋げることができるでしょう。

アクセス解析のオススメ無料ツール3選

Google Analytics(グーグルアナリティクス)

アクセス解析ツール Google Analytics(グーグルアナリティクス)

https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/analytics/

Googleアナリティクスは、Googleが提供する無料アクセス解析ツールです。

1番定番のアクセス解析ツールで、他の無料アクセスツールと比べても総合的な機能で右に出るものはいません。

Googleがもつ各種ツールやデータと連携できることが強みといえるでしょう。

閲覧箇所さえ固めてしまえば、初心者でも使いこなすことができます。

Search Console(グーグルサーチコンソール)

アクセス解析ツール Search Console(サーチコンソール)

https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

Google Search Consoleは、Googleが提供するツールです。

Googleアナリティクスでは見ることのできない情報である、ユーザーがサイトに流入する際にどんなキーワードで流入したかなどがわかります。

さらに自社のWebサイトがキーワード毎に何位に表示されているかや、何回表示されたかなども確認することができます。

SEOにも力を入れたい企業にオススメです。

Fullstory(フルストーリー)

アクセス解析ツール fullstory(フルストーリー)

https://www.fullstory.com/

顧客情報分析プラットフォームであるFullstory(フルストーリー)。

自社のWebサイトへ訪問したユーザーの行動を完全再現することができるリプレイ機能が搭載されているのが特徴の1つです。この機能によって、ユーザーの動きをリアルタイムでリプレイできるので、ユーザー目線を持つことができます。

アクセス解析サービスのまとめ

新しい施策などを初めても、それをやりっぱなしでは次に繋がりません。

ユーザーの分析をすることが不可欠となります。

そのためにアクセス解析ツールを導入することをオススメします。

是非この記事に載っているツールを試してみてください。

広告効果測定ツール4選(ウェブ版)

2019.02.01