Google ショッピング(商品検索)とは?

Googleショッピング(商品検索)とは?

皆さんはGoogleショッピングをご存知でしょうか。Googleショッピングとは、ユーザーがウェブ上で商品を見つけて購入しやすくすることをサポートするGoogleの無料サービスです。登録した商品はGoogleショッピングのサイトに表示されるだけでなく、検索キーワードとの関連性が高い場合はGoogleのウェブ検索結果に表示されることもあります。

Googleショッピングへの商品の掲載は、ECサイト・ネットショップ運営には不可欠とも言えます。今日はそんなGoogleショッピングやGoogleショッピング広告について分かりやすくご紹介したいと思います。

Googleショッピングとは

Googleショッピング

https://www.google.com/shopping

Googleショッピングとは、ユーザーがウェブ上で商品を見つけて購入しやすくすることをサポートするGoogleの無料サービスです。Googleショッピング内の検索ボックスでキーワード検索をすることによって、キーワードに沿った商品名、商品画像、価格が表示されます。

また、キーワード検索だけではなく、在庫の有無、価格、サイズなどの形式、素材、ショップなどで細かくフィルタリングして商品情報を絞ることができます。検索フィルタは、PCの場合は左のサイドバーで自由に設定します。スマホの場合は検索画面上部にあるカルーセル形式のタグをスワイプし、一番右端に表示される「その他のフィルタ」をタップします。さまざまな商品が同一の形式で表示され、一見広告とは思えないので、ユーザーの心象を損ねることなく、自店舗に誘導する導線を確保できるという特徴があります。

同一製品が複数店舗の場合に、価格、店舗の評価、付与ポイント数の比較をすることによって、どの店舗で購入するかを判断できる機能もあります。該当した店舗の商品ページのリンクへアクセスすることによってその店舗内のページへ直接アクセスできるようになっています。

Googleショッピング広告とは

Googleショッピングに登録した商品をより多くのユーザーに見てもらうために「スポンサー広告」として掲載することができます。このGoogleショッピング広告は、Google広告のショッピングキャンペーンを通じて広告配信されます。ECサイト・ネットショップ向けに特化した広告で、商品の写真や名前、価格、店名などが表示されます。広告を出稿した商品は、通常のウェブ検索結果画面の最上部に写真付きで表示されるのに加え、「ショッピング検索」の画面にも一覧表示されます。Googleで「ショッピング」タブをクリックするとショッピング結果のみを表示することもできます。

上記は、Googleで「PS4」と検索した場合の画面です。検索結果の右側に画像、商品名、価格、店名の情報が表示され、目に入りやすいレイアウトになっています。通常の検索結果の情報はなく、ショッピング広告として出稿されている商品の情報しか掲載されません。

Googleショッピング広告の料金体系

Googleショッピング広告(ショッピングキャンペーン)は、クリック課金方式です。広告表示回数にかかわらず、ユーザーが1クリック=Googleショッピングの商品情報をクリックし、自社サイトに集客できた段階で広告費が発生します。広告主は、広告を表示させたい商品を登録して入札単価を設定すると、検索キーワードに対して自動的に入札し、その入札価格によってクリック単価が決定します。入札額は広告主が自由に設定可能です。ただし、入札単価があまりにも低すぎると、広告が表示されない可能性もありますので注意しましょう。いくらで入札をするか、今までの広告配信実績を考慮して、入札単価を決定することが重要です。

Googleショッピング広告とテキスト広告の比較

上記は、Googleで「tシャツ レディース 無地」と検索したときの画面です。黄色部分がGoogleショッピング広告、その下のオレンジ部分がテキスト広告です。Googleショッピング広告は、商品の画像や商品名、価格、店名などが大きく表示され、通常のリスティング広告よりも上部に表示されるのが特徴です。

広告をクリックすると、店舗の販売ページへと直接アクセスできます。ネットショッピングに関するキーワードについては、ショッピング広告が目立つように表示されるケースが多いです。ネットショッピングを運用されている方であれば、ショッピング広告を上手に活用しなければGoogle検索からの導線は作りにくいとも言えるかもしれません。

一方、テキスト広告は、広告タイトルやそれに対する説明文、ホームページのURL、お店の住所や電話番号等を掲載し、ユーザーをホームページへ集客し、そこから価格や写真など商品情報を閲覧できます。

Googleショッピング広告はクリック前にテキスト広告よりも詳しい商品詳細がわかるため、広告をクリックするユーザーの購買意欲はより高いと予測できます。Googleショッピング広告を利用すれば、テキスト広告で集客できるユーザーよりも、コンバージョンに繋がりやすいユーザーを集めることができるでしょう。実際にテキスト広告である「検索キャンペーン」と「ショッピングキャンペーン」の実績を比較すると、ショッピングキャンペーンの方がコンバージョン率(CVR)が2倍近くになることもあります。

ショッピング広告のメリット

Googleショッピング広告には以下のようなメリットが挙げられます。

・「広告っぽさ」を抑えることができる

ショッピング広告の特徴として、一見広告と分かりづらいというものがあります。検索結果画面上の掲載方法も自然ですし、ショッピング検索に至っては、すべてが広告として出稿されたものと気付くユーザーは少ないでしょう。

・ECサイトの商品ページにリンクさせることができる

ショッピング広告からは、商品ページに直接アクセスさせることができます。クリック前の情報とクリック後の遷移先ページの内容の相関性が高くなり、購入に至る可能性が高まります。

・クリックの質が向上する

ショッピング広告は、非常に目立つ位置に掲載されます。ショッピング広告に代表される検索連動型広告は、購入意思の高いユーザーがクリックすると予想されるので、コンバージョンにつながる確率が高いと言われています。テキスト広告より目立つように表示されるGoogleショッピング広告は、確実に購入意欲の高いユーザーの目に入るので、クリックされる可能性は高くなります。

・クリック単価を抑えやすい

広告の単価を決定する要因の一つに、広告の品質スコアがあります。ショッピング広告は品質スコアが上がりやすいので、他のリスティング広告を比較するとクリック単価が低くなる傾向があります。クリック率(CTR)も高くなることが見込めるので、非常にコストパフォーマンスの良い広告と言えます。

・キーワード設定の必要がない

ショッピング広告を作成する際には、キーワードの設定が必要ありません。広告として配信したい商品を選択するだけです。通常のテキスト広告のように検索母数や流入キーワードを見極める手間なく広告配信ができるので、初心者でも運用しやすいでしょう。

Googleショッピング広告の出稿方法

具体的な出稿方法についてご説明します。ここでは、簡単にステップだけ紹介します。

  1. Googleアカウントの作成・ログイン
  2. Google Merchant Centerに登録
  3. Google広告に登録
  4. Google Merchant CenterとGoogle広告をリンク(紐付け)
  5. Google Merchant Centerで商品フィードを登録
  6. Google広告でショッピングキャンペーンを作成

Google Merchant Centerとは

https://www.google.co.jp/retail/solutions/merchant-center/

Google Merchant Centerとは、商品情報を管理するサービスです。Google Merchant Centerにアカウントを登録する際には、ビジネス拠点、ショップ名、サイトURL、連絡先などの入力が求められます。これらの情報は、あとで変更も可能です。また、アカウント開設時に、ショッピングサイトURLの確認も求められます。

おわりに

Googleショッピングについて、他の広告との違いやメリットなどについて解説しました。ECサイトやネットショップ運営者にとっては、非常に優秀な広告手法であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。まだ活用されていない方は、この機会に活用を検討されてみてはいかがでしょうか。

Googleショッピング(商品検索)とは?

マーケティングをより本質的に

広告運用自動化 Roboma (ロボマ)
Roboma (ロボマ) は、マーケティング業務の AI による効率化を目指して、主に集客における広告業務を自動化するクラウドサービスです。広告レポートの自動作成や、ダッシュボードでのリアルタイム分析、クリエイティブ分析、広告運用のアシスト機能などを提供します。