ROAS(Return On Advertising Spend)とは

ROAS(Return On Advertising Spend)とは
クラウド広告運用サービス Roboma (ロボマ)

広告の費用対効果を測るために使われる「ROAS」という指標。聞いたことはあるけれど、ROIやCPAといった様々な指標と混同されている方も少なくないのではないでしょうか。

今回は、ROASについて詳しくご説明したいと思います。

ROASとは

ROAS(ロアス)とは「Return On Advertising Spend」のことで、広告経由で発生した売上を広告費用で割った数値で、広告の費用対効果を表します。

計算方法は

「ROAS = 売上金額 ÷ 広告費用 × 100 (%)」

で求めることができます。

例えば、100万円の広告費用を投じ、広告によって1,000万円の売上があった場合は、

1,000万円(売上)÷ 100万円(費用)× 100 = 1,000%

1,000万円の広告費用を使い、100万円しか売上がなかった場合は、

100万円(売上)÷ 1,000万円(費用)× 100 = 10%

になります。

ROASと合わせて、投資に対しての効果指標として使われるものに ROI(Return On Investment)がありますが、ROASは売上ベース、ROIは利益ベースで算出されます。

計算方法は

「ROI = 広告経由の利益 ÷ 広告費用 × 100(%)」

となります。

例えば、50万円の広告費用を投じ、そこから得られた売上のうち、利益が70万円だった場合、

70万円(利益)÷ 50万円(費用)× 100 = 140%

になります。

ROASの重要性

広告を出稿したら、結果を測定して効果を可視化することが重要ですが、このときに活用するのがROASです。ROASを使うことで広告費あたりの売上割合を把握できるようになります。ECサイトでは売上が重要ですので、ECサイトのプロモーションにおいてよく使われる指標です。

また、実際に投資した広告費が売上につながっているか可視化することで、広告効果を最大化するための改善点を見つけることができます。

もしROASが低いという結果が出た場合、売上を増加させるか、広告費を抑える必要があります。そのために、クリエイティブの見直しや、広告を配信するプラットフォームまたは予算の見直しなど具体的な対策などが必要になるでしょう。

ROASを活用して費用対効果を導き出すことは、広告の効果を上げる対策をとるときに重要な役割を果たします。売上や費用は常に変化しますので、できるだけリアルタイムに把握することが大事です。

ROASを指標として運用するのはどんな時?

CPAとROAS 違い

出典:https://eczine.jp/article/detail/4915

広告費を使ってネットショップの販促をする際に使われる、代表的な成果指標が「CPA」と「ROAS」になりますが、どういう違いがあるのか比較してみます。

ROASはCPAとしばしば混同されますが、CPAが「コンバージョン1件あたりの獲得単価」のことを表すのに対し、 ROASは「広告費1円あたりの売上割合」を表すので違った指標です。

ユーザーがカートに入れる金額が全員同じ場合はCPA、ユーザーごとに異なる場合はROASでの計測が適しています。

単品通販はCPA、多品目通販はROASが基本ですが、単品通販でもキャンペーン・セールや定期購入によって金額が変動する場合は、CPAよりROAS計測の方が向いているでしょう。

ちなみに、CPAの計算方法は

「CPA = 広告費 ÷ コンバージョン(購入)数」

です。

ROASの目標はどうやって決める?

ROASを使う場合、闇雲に測定するわけではなく目標を定める必要があります。今回は、よく使われるROASの目標値の設定方法をご紹介します。

ROASの目標値は

「目標ROAS = 平均顧客単価 ÷ 粗利 × 100(%)」

で求めることができます。

粗利は「平均顧客単価 – 平均原価」で求めるのが一般的です。

例えば、平均顧客単価1万円、平均原価3,000円、粗利の50%を広告費、残り50%を利益にしたい場合は、

目標ROAS 285% = 10,000 ÷ 3,500 × 100

となります。

今回はよく使われるROASの目標設定方法になりますので、ビジネスのミッション達成に最も適した指標を正しく見定めてください。

まとめ

ROASについてご理解いただけたでしょうか?

ROASだけでなく、ROIやCPAという言葉も出てきましたが、費用対効果の計測、改善のためには求めたい結果に応じて指標を変更する必要があります。多数存在する指標をうまく活用して、広告効果を最大化しましょう。

クラウド広告運用サービス Roboma (ロボマ)
ROAS(Return On Advertising Spend)とは
メルマガに登録して最新情報をゲット!

マーケティングをより本質的に

広告運用自動化 Roboma (ロボマ)
Roboma (ロボマ) は、マーケティング業務の AI による効率化を目指して、主に集客における広告業務を自動化するクラウドサービスです。広告レポートの自動作成や、ダッシュボードでのリアルタイム分析、クリエイティブ分析、広告運用のアシスト機能などを提供します。