【ジャンル別】人気インスタグラマーと彼らのもつ影響力

【ジャンル別】人気インスタグラマーとその影響力

「インスタグラマー」や「インフルエンサー」という言葉は近年とてもよく耳にするようになりました。

インスタグラムの爆発的な流行とともにインスタグラマーといったインフルエンサーを利用したマーケティングもかなり一般的になってきています。

今日はそんな人気のインスタグラマーとその影響力についてご紹介したいと思います。

今話題のインスタグラマーとは

インスタグラマーとは、写真共有SNS「Instagram(インスタグラム)」のユーザーのうち、特にフォロワー数や閲覧数が多く、沢山の人に強い影響力を持つアカウントを指します。テレビや雑誌に出演する芸能人・著名人だけでなく、一般人も多いことが、インスタグラマーの特徴です。

トップインスタグラマーは何百万人というフォロワーに見られていて、多くの人の購買行動や消費行動に影響を与えられるため、企業の商品やブランドの広告塔としても活用される場合もあります。

一般人のインスタグラマーは何らかのジャンルに特化していることが多く、「広く浅く」ではなく「あるジャンルにおいて抜きん出たカリスマ性のあるユーザー」であることが多いです。

例えば、Instagramでは料理、ホビー、ポートレート、風景画、美容など様々なジャンルの写真が存在します。各ジャンルのトップインスタグラマーはその道のオピニオンリーダーとなっています。

インスタグラマーを使ったマーケティング

そんなインスタグラマーを通して行うマーケティングは「インフルエンサーマーケティング」と呼ばれます。

インフルエンサーマーケティングとは

SNSやブログなどで数多くのフォロワーを持ち、他人や社会に多大な影響を与えるインフルエンサー(インスタグラムの場合インスタグラマー)に、自社の商品・サービスを題材とした投稿をしてもらうことで市場における認知度や興味・関心を向上させ、PRする広告手法のことです。

インフルエンサーマーケティングとは

出典:https://innova-jp.com/influencer-marketing-case-studies/

従来は、広告というと企業側からの一方的なメッセージ発信であり、媒体は新聞・雑誌・テレビ・ラジオといったマス広告が中心でした。商品やサービス、情報があふれる近年では消費者は商品購入の際に、消費者目線の情報としての「口コミ」を重視します。ただのモノではなく「自実現欲求を満たしてくれる」モノを求めるようになりました。

一方で、企業はよりターゲットを絞った広告が打てるようにもなりました。 インフルエンサーマーケティングは、口コミの拡大版として効果的だと注目されている広告手法です。

またインフルエンサーマーケティングは、従来のマス広告と比べPRや宣伝コストが抑えられ上手く活用すれば高い費用対効果が見込めます。

メガインフルエンサーとマイクロインフルエンサー

インフルエンサーは大きく2種類に分けられます。米国のSNS支援会社TINTによると、10万人以上のフォロワーを持つインフルエンサーを「メガインフルエンサー」、2,000人〜10万人のフォロワーを持つインフルエンサーを「マイクロインフルエンサー」といいます。それぞれのインフルエンサーには特徴があり、目的によって使い分ける必要があります。

芸能人に近いメガインフルエンサーは、認知度を高めることに向いている一方でフォロワーの興味・関心、嗜好が多岐に渡り、特定の分野に特化した商品やサービスのPRには向かない傾向にあります。

マイクロインフルエンサーのフォロワーは特定のトピックに興味・関心があるフォロワーが集まっており、コメントなどを通したエンゲージメント率も高い傾向にあります。

メガインフルエンサー

・1.66%のLike率/0.05%のコメント率(エンゲージメント率が低い)

・認知度を高めることに向いている

マイクロインフルエンサー

・8.03% Like率/0.56%のコメント率(エンゲージメント率が高い)

・特定の分野に特化した商品やサービスのPRに向いている

インフルエンサーマーケティングのメリット・デメリット

インフルエンサーマーケティングには以下のようなメリット、デメリットがあります。

メリット

・情報が拡散されやすい

SNSの拡散性はインフルエンサーマーケティングに大きな影響を与えます。
例えば、インフルエンサーがある商品をSNSでオススメすると、フォロワーが影響を受け、またその情報が拡散されることで直接そのインフルエンサーをフォローしていないユーザーにも情報が届くので、結果として商品の認知度アップと売上アップに繋がります。

・特定のターゲットへ大きな影響を与えることができる

インフルエンサーのフォロワーは、共通の興味や関心で繋がっています。
なので自社の商品やサービスとマッチしているようなインフルエンサーを見つけることができれば、そのジャンルに興味のあるユーザーへと情報を伝えることができます。また、インフルエンサーを起用することで広告感を抑え、より自然に興味のあるユーザーへ情報を届けることができます。イベントと組み合わせることもあります。

デメリット:

・管理コストがかかる

これだけすごい影響力をもつインフルエンサーです。一歩でも間違えれば、インフルエンサーの投稿によって商品のイメージを低下させてしまうことにもなりかねません。なので、インフルエンサーとの数多くのやりとりが必要です。
そのため管理コストがすごくかかってしまいます。

・ステルスマーケティングだと思われるリスクがある

ステルスマーケティングとは、ユーザーに対して投稿内容が宣伝だと気づかれないように宣伝する行為です。ステルスマーケティングは「ステマ」や「ヤラセ行為」とも言われていて、あまり印象のいいものではありません。
なのでそう思われないように何かしらの対策を打つ必要があるでしょう。

人気インスタグラマー

渡辺直美(@watanabenaomi703)

渡辺直美 インスタ

お笑い芸人でありながらその高いファッションセンスやメイクでフォロワー860万人という日本の中でもトップのインスタグラムフォロワー数を誇る渡辺直美さん。

渡辺直美 インスタ

東京ディズニーランドのトゥーンタウンにある販売店舗の「ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイム」では、渡辺直美がプロデュースするファッションブランド「PUNYUS」とTDLのコラボTシャツなどのファッショングッズを、全8種類販売。このPRにあたり渡辺直美さんがInstgramにアップしたインパクトのある投稿は40万以上のいいね!を獲得するなど大反響を呼び、話題になりました。

megbaby(@_megbaby_)

megbaby インスタ

megbabyさんは可愛らしい雰囲気でありながら、着こなすブランドはハードなものが多く、その着こなし方もオリジナルスタイルとの評判です。

フォロワー数は85万5千人を誇り芸能人レベルの数字となっています。megbabyさんの投稿には、毎回1万や2万のいいね!が付くほどの影響力を持ち、特にmegbabyさんが着こなしている「HOOD BY AIR」や「Rick Owens」への貢献度は高いといえます。

柳川かおり(@kaori_yanagawa)

柳川かおり インスタ

柳川かおりさんは、レシピ本「Every Table」を執筆した方としても有名です。時間がない中で手軽に作れるのにお洒落であったり、料理だけが写っていながらも食卓に人がいる感じが受け取れるような投稿が人気です。

柳川かおり インスタ

このように企業が商品(ツナ缶)を提供し投稿してもらうことで世界観を壊すことなく食に興味の高いユーザーにリーチすることが可能です。

インフルエンサーマーケティングのまとめ

このような大きな影響力を持つインスタグラマーは、ファッション、コスメ、料理だけではなく旅行、ペット、インテリアなど様々なジャンルにおいて存在しており、インスタグラマーをはじめとするインフルエンサーマーケティングの可能性も拡大し続けています。

インフルエンサーマーケティングを実際に行ってみたマーケターの体験談はこちらをご覧ください。

インフルエンサーマーケティングをやってみた学びと未来

2018.11.14