BtoBビジネス向けの広告

BtoBマーケティング

BtoB(Business to Business)マーケティングにはBtoC(Business to Consumer)マーケティングとは異なる特徴があり、BtoCとは違ったアプローチでマーケティングを行う必要があります。それは広告出稿でも同様です。

今回はBtoBビジネス向けの広告とは何なのかにについてご説明するとともに、おすすめのBtoBビジネス向け広告をご紹介したいと思います。

BtoBビジネス向けの広告とは?

BtoBとは企業間取引を意味し、BtoBビジネス向けの広告とは法人顧客を相手にしている企業向けの広告です。

BtoCは企業が個人に対して商品・サービスを提供する取引となり、BtoCビジネス向けの広告とは、個人(消費者)を相手にしている広告です。BtoBとBtoCの違いですが、それぞれ下記のような違いがあります。

《BtoBの場合》

・情報収集者と意思決定者が異なる

・サービス利用者が複数人いる

《BtoCの場合》

・情報収集者がほとんどの場合意思決定する

・サービス利用者は基本的には購入者(家族や友人が含まれる場合はある)

BtoBとBtoCではそれぞれ特徴がありますので、広告を出稿する際にも注意が必要です。

例えば、BtoBビジネス向けの広告で新規顧客獲得施策を行う場合は、リスティング広告など対象企業やビジネスパーソンに直接アプローチできるような集客方法を取る方が良いでしょう。消費者の認知度が重要であるBtoCビジネス向けの広告では、マス向けに広告をする場合が多く、多くのユーザーにリーチできるものがメインとなります。

BtoBビジネス向け広告の第一歩はFacebook広告

BtoBビジネス向けの広告は、先ほども申し上げた通り、多くのユーザーにリーチできればいいというものではありません。対象企業やビジネスパーソン(特に意思決定者に近い方)への訴求が必要です。

Facebookはご存知の方も多いでしょうし、使用されている方も多いと思いますが、他のSNS(TwitterやInstagram)よりも、利用者の年齢層は高めです。同僚や仕事仲間とつながる人が多くいるため、Facebookのフィードには各業界の最新ニュースが流れ通勤時間などを使って情報収集をするビジネスパーソンも少なくないのではないでしょうか。

そのため、BtoC商材に限らず、BtoB商材でも意思決定者や担当者にリーチできる確率も高くなります。実際、Facebook広告で効果をあげたBtoBビジネスの企業も多くあります。

サイボウズ株式会社/BtoBビジネスでCV数2倍を達成

データベース型のクラウドビジネスアプリ、kintoneを提供するサイボウズ。kintoneお試しの申し込み促進のためFacebook広告を活用したキャンペーンを展開したところ、適切なターゲティングと訴求が功を奏し、CPAを改善させながら申し込み数を2倍に増加させることに成功しました。

利用した製品は、写真広告、コアオーディエンス、カスタムオーディエンス、類似オーディエンス、Facebookピクセルです。

※引用 : facebook business 成功事例

Facebook広告の詳細は、以下の記事も参考にしてください。

Facebook広告の仕組み

2018.10.15

Facebook広告の料金はどうやって決まる?

2018.10.13

BtoBビジネス向け広告にぴったり!?名刺管理アプリ「Eight」の広告枠とは?

皆さんは「Eight」をご存知でしょうか?

EightはSansan株式会社が提供する個人向けの名刺管理サービスですが、2018年7月時点で200万人のビジネスパーソンに利用されています。つまり、Eightの広告枠であるEight Adsを利用すると200万人相当のビジネスパーソンにリーチすることが可能になるというわけです。

Eight Adsのメニュー

Eight Adsには下記のようなメニューがあります。

Premium Ad

認知拡散を目的とした広告でEightのニュースフィード面に広告が掲載されます。部署、職位、地域などの『名刺情報』と従業員規模、売上規模、業種など『帝国データバンク』の企業情報を使用したターゲティングが可能です。

・Lead Generation Option

リード獲得を目的とした広告のため、資料請求などが成果地点になっているキャンペーンでの利用がおすすめです。Premium Adと同じくEightのニュースフィード面に広告が掲載されます。広告を見たユーザーが資料請求ボタンをクリックすると、Eightでの登録情報と連携するため、ユーザーは入力フォームでの入力の手間が無く、資料請求を行うことが可能です。 そのため、CVR の向上に寄与しているようです。

まとめ

BtoBビジネス向けの広告では、いかに対象企業、ビジネスパーソンに訴求できるかがポイントになります。BtoBビジネスをされている方は、今回ご紹介したFacebook広告やEight Adsを検討してみてはいかがでしょうか。