《今更聞けない》ブランディングとは?メリットや成功事例も紹介

ブランディング

マーケティングに関わる人であれば「ブランディング」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。ブランディングとは簡単にいえば、共通のイメージを世の中の人に持ってもらいブランドの価値を高めるためのマーケティング戦略の1つです。

ここでいうブランドとは、高級消費財に限らず、商品やサービス、またそれらを提供する企業や団体などあらゆるものを指します。

今回は、そもそもブランディングとは何なのかについてメリットや事例と共にご説明していきたいと思います。

そもそもブランディングとは何か?

冒頭でも触れましたが、ブランディングとは簡単にいうと、共通のイメージをユーザーに持たせブランドの価値を高めていくマーケティング戦略の1つです。
ブランドのイメージは、商品のデザインやシンボルマーク、名称、キャッチフレーズなど様々な要素の組み合わせにより構成されます。自社が伝えたいブランドイメージを正しく顧客に認知させ、市場における自社のポジションを明確にするのがブランディングという活動です。

「◯◯というとあの商品」「◯◯といえばあのサービス」「◯◯ならあの会社」と世の中の人に認識してもらえるようになれば、ブランディングは成功と言えるでしょう。

具体的には、手頃な価格のハンバーガーと言われればマクドナルド、夢と魔法の国と言われればディズニーランドを思い浮かべる方が少なくないかと思いますが、これはブランディングの成功事例の一つではないでしょうか。

最近では、「個人」をブランディングするためのセルフブランディングという言葉もよく耳にするようになりました。このことからも商品やサービスのコモディティ化によって、ブランディングの重要性が高まってきていることがわかります。

ブランディングはどの企業でも必要なのか?

ブランディングは先ほどのマクドナルドのようなBtoCだけでなく、BtoB企業も必要なの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。実は、ブランディングはBtoB企業も含めて多くの企業で行われています。

なぜなら、ブランディングがうまくいくと、集客やPRなどあらゆる面で有利になるからです。

「手頃な価格のハンバーガーと言えばマクドナルド」が浸透していれば、多額の広告費や販促費をかけなくても顧客を獲得することが可能です。他に手頃な価格でハンバーガーを販売する競合店が出てきたとしても、既に「手頃な価格のハンバーガーと言えばマクドナルド」が確立していれば、顧客が流れてしまうことを防ぐこともできるでしょう。

認知度が高くなれば、「ハンバーガーで有名な・・・」とすぐに理解してもらうことが可能になり新規の営業もスムーズになるかもしれませんし、みんなが知っている有名店ということで無名のお店よりも採用面でさえ有利に働くかもしれません。

ブランディングを怠ったら何が問題なのか

ブランディングの必要性は理解いただけたと思いますが、実はこのブランディング、何か行動したからといってすぐに効果が出るものではありません。時間がかかる上に、既に市場には沢山のブランドが存在していることもあり、企業内でも後回しになりがちです。

しかし、ブランディングを怠ってしまうとある問題が生じてしまいます。それが、価格競争です。「値引き競争」や「値引き合戦」とも言われますが、顧客を獲得するために値引きをしなければならなくなります。値下げをすることでしか顧客を獲得できなくなると利益率を下げるため、企業は広告費を削減しようとするでしょう。そうすると、新規顧客の獲得も難しくなっていきます。

ブランディングを行うことのメリット

  • 競合商品、サービスと差別化でき、利益が増える

商品やサービスのコモディティ化が進んでいる今、ブランディングが正しく行われていないと、差別化できる部分が価格だけになってしまいます。それでは利益を確保することが難しくなります。
しかし、ブランディングが正しく行われていると、値下げやセールなどをする必要がなくなります。
例えば、「PCならMac」「カフェならスタバ」という方がいます。これは、そのブランドに対して愛着があるからです。だからこそ、このようにブランディングが成功することは、利益の安定に繋がります。

  • 広告コストの削減

一般に広告を出す時というのは、自社の新しく出した商品やサービスを認知してほしい時だと思います。
しかし、ブランディングが正しく行われていれば、自社に興味を持ってくれている人が少なからずいるので、広告をわざわざ出稿したりしなくてもWebサイトやSNSにその情報をあげるだけで勝手に向こうから回に来てくれる状態が実現します。

  • 優秀な人材を確保することができる

人材確保の点でも、ブランディングは効果を発揮します。
仮に同じ業種、同じような業務を行なっているような企業から内定をもらった場合、知名度の高い企業を選ぶのではないでしょうか。
そのため、ブランディングを行うことにより自社の認知度が広がっていけば、優秀な人材を確保しやすくなります。

ブランディング活用の成功事例

Starbucks(スターバックス)

ブランディング 事例 Starbucks(スターバックス)

引用:https://www.starbucks.co.jp/

スターバックスは、1971年にアメリカのシアトルで開業した大人気コーヒーチェーン店です。他のコーヒーチェーンよりも高単価であり値下げもテレビCMも行っていないのに、なぜ多くの消費者に愛されているのでしょうか。それは、スターバックスがコーヒーチェーンの中で「快適なサードプレイス」という独自のブランドポジションの確立に成功したからです。
このサードプレイスとは、家と職場の中間の快適な空間という意味です。
これを体現しようとお店やそこで働くスタッフが日々努力しているからこそ、独自のブランドポジションを確立できたといえるでしょう。

セブンプレミアム

ブランディング 事例 セブンプレミアム

セブンプレミアムは、セブンイレブンのプライベートブランドです。
セブンイレブンには、以前からもPB商品がありました。しかし、ロゴやデザインに統一性がなく、ごちゃごちゃしてしまい、結果として認知度が低いままでした。そこで、ロゴやデザインに統一感を持たせたところ、陳列棚に並ぶ際も統一感が出ることにより消費者の目にも止まることになり、認知度と売り上げがアップしました。
このようにデザインに統一感を持たせることはブランディングにおいて、とても重要な要素の1つと言えるでしょう。

ブラックサンダー

ブランディング 事例 ブラックサンダー

引用:https://rocketnews24.com/2013/02/05/291227/

ブラックサンダーは、1個32円というとてもリーズナブルな価格で食べることができるチョコレート菓子です。
そんなブラックサンダーは、2013年のバレンタインデー直前に「一目で義理とわかるチョコ」というキャッチコピーを出しました。これにより、ブラックサンダーは安さとイメージを活かした独自のブランドポジションの確立に繋がりました。イベントに乗っかることも話題になる上では重要ということですね。

ブランディングのまとめ

これまでブランディングについてお話しさせていただきましたが、正しい効果的なブランディングをすると集客をはじめ様々な面で有利になります。

マーケティングを考える上では、最初に商品やサービスのブランディング(ターゲットユーザーにどのように認識してもらいたいのか?)がしっかり定義できていないと、その後いろんな施策をやったとしてもうまくいかない可能性があります。なぜなら軸ができていないからです。体幹がしっかりしていないと、体がブレやすいのと一緒ですよね。

例えば、インスタグラムで「いいね!」を獲得しようという施策も、どういったターゲットユーザーに対してどのような認知をしてもらいたいのかがはっきりしていないと、投稿するコンテンツもはっきりせず、価値の低い「いいね!」を獲得することになりかねません。

誤ったブランディングをしてしまうことがないように、しっかりと目指したいイメージを固め長期的にブランディングを成功へと導くようにしましょう。

【今更聞けない】PB(プライベートブランド)とは?

2019.03.22