インターネット採用広告の活用方法とは?

インターネット採用広告 活用方法

これまでの採用活動というと新卒採用・転職エージェントを活用することが多かったと思います。

最近ではインターネットの普及に伴い、採用広告を活用するケースが増えてきています。みなさんもスマホを眺めていると「マイナビ」や「エン転職」などの採用広告をよく目にするといった経験もあるのではないでしょうか?

今回はインターネット採用広告の方法や活用方法をご紹介します。

インターネット採用広告とは?

インターネットの採用広告とはその名の通り「インターネットを使った求人広告」のことです。少子高齢化の現代において新卒の人を求めることは企業にとって難しいものとなりつつあります。

しかし、インターネットを使った採用広告の掲示は多くの人の目に留めることができ、効率よく求人をすることが可能となります。これはインターネットの採用広告の最大の強みと言えましょう。

それでは紙媒体の求人よりも主流となってきているインターネットでの採用広告にはどのような種類があるのでしょうか?

インターネット採用広告の種類

インターネットの採用広告の種類は大きく分けて、

「総合型求人サイト」「特化型求人サイト」

の二つに分けられます。

総合型求人サイト

様々な職種や業種を紹介している大型サイトです。これは主にやりたい「職種」を決めかねている人達向けのサイトです。限定されていないためより多くの人にサイトを見てもらえるのがメリットであり、大半の求職者の人はまずこれに登録することが多いです。

特化型求人サイト

地域や職種、業種などに特化しているサイトです。総合型求人サイトと比較すると利用者はそれほど多くありませんが、求職者は自分のやりたいことをしっかりと理解しています。そのため、採用につながる可能性も高まります。

あなたが求める人材はどちらの種類に属していますか?この種類を把握し最適な求人広告をつくることがあなたにとっての大切な選択になります。それでは、いよいよインターネットの採用広告の出し方を見てみましょう。

インターネット採用広告の出し方

お問い合わせ

ますは求人広告代理店事業のサイトから申し込みを行います。相談や質問も受け付けていますので気楽に問い合わせることができます。

採用ニーズのヒヤリング

折り返しの連絡が来ましたら、自分が求める人材や募集職種、雇用形態、採用課題、採用スケジュールなどの詳細を先ほどの事業に提示します。

採用プランの提案

求人広告代理店事業の採用コンサルタントが、自分の提示した採用ニーズを元に採用プランを提示してくれます。

取材、原稿作成

上記の事業の広告専門製作スタッフが取材や原稿作成、広告に記載する写真撮影などを行ってくれます。

掲載

いよいよ掲載です。求職者の応募が芳しくない場合でも事業の方がその都度、原稿の修正などを行ってくれます。

インターネット採用広告 掲載方法

出典:https://one-group.jp/humanresource/use/merit.html

採用人数や細かい募集内容、募集時期が決まっていなくても手助けをしてくれるので、軽い気持ちで問い合わせてみるのも一つの手です。しかし、全ての企業が手取り足取り教えてくれるわけではありません。サイトの費用によってその対応は大きく変動します。もちろん高い費用のサイトであれば、その分、質の高い原稿を作成してもらえたり、申し込みから掲載までの期間も短くなります。費用が低いと原稿の制作は自分で行わなければいけないこともあります。ここは見極めが重要になるかもしれませんね。それではその広告掲載には具体的にいくらかかるのか説明させていただきます。

インターネットの採用広告の料金形態

インターネットの採用広告の料金形態は大きく分けて、

「成果報酬型」「掲載課金型」の二種類に分けられます。

成果報酬型

これは成果が上がるまでコストがかからない形のことです。

魅力的ではありますが集客力が弱いというデメリットが存在します。

この形態をさらに細分化すると「応募課金型」「採用課金型」の二種類にわけられます。

応募課金型

掲載は無料。しかし、「応募」が来た段階で課金されるシステムです。

アルバイト募集だと3,000円前後、正社員募集だと5,000円~1万円が相場となります。

採用課金型

掲載は無料。しかし、「採用」した時点で課金される課金されるシステムです。

アルバイト募集だと1万円前後、正社員募集だと20万円~100万円が相場となります。

一見応募採用型の方がいいような気もしますが、採用難易度の高い職種の場合だと採用課金型の方がおススメです。

掲載課金型

一定期間の求人掲載に前もって料金を払う形のことです。契約期間内であれば何人応募して、何人採用したところで値段が変わらないというのが魅力です。複数人採用すると採用コストが割安になる、予算がたてやすいなどといったメリットもあります。

まとめ

インターネットの採用広告を活用することであなたは優れた人材を手に入れ、企業の更なる促進へと導いてくれるでしょう。求人をしている方は是非参考にしてみてください。