LPO(ランディングページ最適化)でCVRを向上させよう

LPO(ランディングページ最適化)

皆さんはスマホなどを使っていて気になった広告をクリックし、サイトに飛んだ途端、「あれ、何か思っていたのと違う」とすぐにサイトを離れたというような経験はないでしょうか。

LPO(ランディングページ最適化)でCVRを向上させよう

引用元 https://store.boxil.jp/media/images/uploads/media_image/media_image/18406/large.jpg

それは、そのサイトの”LPO”が不十分であったと言えます。そもそもLPOとは何なのかから説明していきたいと思います。

LPOとは

LPO(Landing Page Optimization)とは「ランディングページの最適化をすること」です。ランディングページとは、広義では、検索や広告経由でユーザーが最初に訪問したページのことです。狭義のランディングページは、見積もり請求や申し込み、売り上げを増やすことに特化してつくられたページのことを指します。こちらは基本的に広告からの流入を想定しており、一般的にLPOという時にはこちらの意味を指します。

「ランディングページを最適化する」とは、Webサイト訪問者が商品購買や見積もり請求など収益につながる行動を取る割合(コンバージョン率=CVR)を高めるために、ランディングページの構成や内容を工夫することを指します。

サイト訪問者は、ランディングページを見て、ほんの数秒の間でそのサイトが自身のニーズと合っているかを判断します。またその半数近くがニーズと違うと感じサイトを離れてしまうと言われています。このようにCVRの向上にはランディングページの最適化が肝要なのです。

LPOでCVRを上げるには

CVR(コンバージョンレート、コンバージョン率)とは、Webサイトへのアクセスのうち、どれだけサイトの成果である商品の購入や申込み(コンバージョン)につながったかという割合を表す指標のことです。

「CVR(コンバージョン率)=コンバージョン数 / 訪問数」で求めるのが一般的です。CVRは、流入経路や商品カテゴリ・個別ページ単位といった分析単位ごとにパフォーマンスの良し悪しを表します。

ランディングページへ訪問してくるユーザーがサイトを離れる大きな原因は、ユーザーが広告とランディングページ の訴求内容にずれを感じてしまうことです。そこでLPOにおいて重要なポイントは大きく2つあります。

① 検索キーワードや流入元の広告からユーザーのニーズを的確に読み取ること

② その読み取った情報をランディングページに反映させること

① 検索キーワードや流入元の広告からユーザーのニーズを的確に読み取ること

検索キーワードだけではなく、行動履歴や閲覧地域・媒体などから訪問してくるユーザーの流入状況を調べ、ニーズの傾向を分析しましょう。

② その読み取った情報をランディングページに反映させること

当然のことながら、訪問してくるユーザーは広告の訴求内容に興味を持って訪問してきます。内容と言っても、文面やキャッチコピーばかりではありません。ユーザーのイメージを構築するものとして次のようなものが挙げられます。

・文面

・キャッチコピー

・利用者の声

・商品の画像

・フォントや色などのデザイン

LPOでCVRを上げるには

引用元 https://ecpack.jp/system/wp-content/uploads/2016/06/img_lpproduction_01.jpg

文字だけでなく、画像や色使いといった雰囲気のように曖昧な要素もユーザーのイメージを構築し、ずれを感じさせる要因となりえます。ユーザーは、ファーストビューでイメージと合う詳細を見たいと思っています。ユーザーの分析に基づいたニーズを踏まえ、広告とのファーストビューで訴求内容をそろえユーザの「あれ、何か違う」を生み出さないようにしましょう。

今まで述べてきたようにLPOはWebサイト運営やネット広告運用において重要なものです。しかし、LPOだけではCVRを上げることが出来るとは言えません。なぜならLPOに力を入れても、そもそもサイトへの訪問数が少なくてはCVR向上にはつながりません。

LPOするべきサイト

LPOはユーザーに読んで欲しいコンテンツを提示することを可能にするためサイト全体のコンテンツ量が豊富であり、ユーザーの個々のニーズに応じたコンテンツを提案しやすいECサイトのなどに効果的である傾向があります。

なかでも資料請求を目的とするサイト、情報系サイトなどにおいて特に高い効果を持ちます。LPOによって商品やお問い合わせ数、見積もり申込数を増やすことができます。

一方、コンテンツや商品数の少ないサイトの場合はLPOよりもSEOに力を入れたほうが良い傾向にあります。

LPOによる改善事例

《ぐるなびウェデイング》

ウエディング総合情報サイト「ぐるなびウェディング」は、サイトへの流入データを分析し、結婚式場関連のキーワードと地名・駅名キーワードの組み合わせがサイト訪問者のコンバージョンに強い影響力を持っていることが分かりました。

その分析結果を活かし地名を含んだランディングページを設置したところ、顧客獲得単価を抑えることに成功し、前月比でCVRが約9倍にアップしました。

まとめ

SEOとのバランスやサイトのLPOへの適性なども視野に入れながら、広告とランディングページとの間のユーザーの感じるずれを少なく出来るようなLPOを行いCVR向上につなげましょう。

ちなみに、簡単にLP(ランディングページ)を作成できるツールはこちらを参照ください。中にはLPOを支援する機能を搭載しているものもあります。

簡単LP作成ツール3選

2018.12.04
LPO(ランディングページ最適化)


マーケティングをより本質的に


Robomaスクリーンショット

Roboma (ロボマ) は、マーケティング業務の AI による効率化を目指して、主に集客における広告業務を自動化するクラウドサービスです。広告レポートの自動作成や、ダッシュボードでのリアルタイム分析、クリエイティブ分析、広告運用のアシスト機能などを提供します。