ホームページ作成ツール比較4選(WIX, Word Press, Jimdo, BINDup)

ホームページ作成ツール比較4選(WIX,Word Press,Jimdo,BINDup)
クラウド広告運用サービス Roboma (ロボマ)

「ホームページを作成したいけれど、制作会社に依頼するほどの予算はない‥‥。」、「ツールがありすぎてどれを選べばいいのか分からない‥‥。」

という悩みはありませんでしょうか?

HTMLやCSSといった専門的な知識がなくても簡単に高度なホームページが作れる無料サービスが数多く登場しています。

今日はホームページ作成ツールおすすめ4選をご紹介したいと思います。

ホームページ作成ツール比較4選

Wix(ウィックス)

ホームページ作成ツール比較4選(WIX,Word Press,Jimdo,BINDup)

世界的に有名なイスラエル生まれのホームページ作成ツールです。世界的に人気がありユーザー数は1億人を超えると言われています。

ボタンや文字、画像などをドラッグ&ドロップでホームページ上に配置していくことができ、コードを書く必要はありません。また、高品質な無料テンプレートがたくさん用意されています。

Wixはサポートが充実しているのも特徴です。ホームページ作成講座や作成事例も見ることでき、ヘルプセンターでは使い方解説や困り事対処法がまとめられています。スマホ、タブレット、パソコンに対応しており、様々な端末から見てもデザインが崩れないような(レスポンシブな)ホームページを作ることができます。

ホームページ作成ツール比較4選(WIX,Word Press,Jimdo,BINDup)

飲食店や企業、会計事務所などなど、あらかじめジャンル別のテンプレートが用意されてあり、初心者でも簡単にあらゆる種類のホームページを作ることができます。

料金:無料プラン、有料プラン

無料プランもありますが、Wixの広告がホームページに表示されてしまいます。また、ドメイン(saruwakakun.comのようなサイトURL)にwixという文字が入ってしまいます。また、画像などの保存容量が500MBまで、などの制限もあります。

ホームページ作成ツール比較4選(WIX,Word Press,Jimdo,BINDup)

有料(プレミアム)プランには5つのプランがあります。有料プランに入り、独自ドメインを持っている場合には、Wixを辞めてWordpressなど他サイトに同ドメインで移転することができます。無料プランだとwixのドメインを使用することになるので、移転はできません。

WordPress(ワードプレス)

ホームページ作成ツール比較4選(WIX,Word Press,Jimdo,BINDup)

メディアやブログで集客をしていきたい方におすすめのツールです。WordPress自体は元々ブログ作成ツールでしたが、ランディングページやホームページを作るための機能も充実しています。

HTML・CSSの知識があれば細かいカスタマイズも可能で、簡単に多機能なホームページを作成することができるため、個人ブログから企業のコーポレートサイトまで、幅広く利用されています。

WordPressは個人の方はもちろんのこと、ホームページ作成会社や制作を行うデザイナーなどプロにも愛用されています。WordPressは、テーマテンプレートでデザインを自由に変更したり、豊富なプラグインを使うことで、さまざまな機能を取り入れることが可能です。

PHP、HTML、CSSといった専門知識を持っていれば、自由度は高く、どんなホームページでも作れます。一方、専門知識がないホームページの初心者の方にとっては、カスタマイズが難しかったり、セキュリティの対策が必要であったり、多機能な分サイトが重くなりがちで、使いこなすのは難しいです。一定の専門知識をご自分で習得する時間がある方におすすめです。

WordPressには、オープンソースの WordPress.org(https://ja.wordpress.org/)と、クラウドサービスの WordrPress.com(https://ja.wordpress.com/)があります。オープンソースの方は自分でサーバーを用意して、そこに WordPress のプログラム(無料)をインストールして使います。そのためプログラムのアップデートやメンテナンスは基本自身で行う必要があります。一方、クラウドサービスの方は、サーバーと最新のプログラムがセットで提供されているためすぐに利用開始することができます。ただし、容量制限があったりカスタマイズの自由度は下がります。

オープンソースの WordPress を利用する場合、プログラム自体は無料で利用できますが、稼働させるにはサーバーとドメインの契約をする必要があります。ロリポップなど月額250円から利用できるものもありますが、サーバー性能は低くなります。WordPressはサーバーの性能によってページの表示速度が変わるので、できればサーバーの性能がいいものを選びましょう。おすすめはエックスサーバーです。また、ドメイン契約にかかる費用は.jpや.comなど種類によりますが、300〜1000円 / 年ほどで取得できます。(月額約25〜100円)

基本的に無料で使えるWordPressですが、有料のテンプレートやプラグインを使えばさらに使い勝手やデザインを洗練させることができます。特にテンプレートは有料のものを使うことをおすすめします。だいたい1〜2万円以下で購入できます。

Jimdo(ジンドゥー)

ホームページ作成ツール比較4選(WIX,Word Press,Jimdo,BINDup)

ドイツ発のホームページ作成サービスです。日本国内では、株式会社KDDIウェブコミュニケーションズが運営しており、全て日本語に対応しています。無料プランが提供されているため、予算不要でホームページを作り始めることができます。

ホームページ作成ツール比較4選(WIX,Word Press,Jimdo,BINDup)

デザインテンプレートを選び、プレビュー画面(公開時のレイアウト)からマウスのクリックとドラッグ&ドロップを行うだけで直感的にホームページが作成できます。自社ホームページの雰囲気にあったデザインを探し、写真と文章を入力するだけで良いため、Web制作に関するスキルや知識がない方でも利用できます。有料プランにすれば、ネットショップを開設することもできます。JimdoCafeという、Jimdoの悩みを気軽に相談できるカフェが全国各地にあり、サポートも充実しています。

料金:無料プラン、有料プラン(JimdoPRO・JimdoBUSINESS)

無料プランでは、基本的なホームページ制作機能を利用することができます。具体的には、複数のテンプレートからデザインを選ぶことができ、ブログやネットショップ(一部機能制限あり)、お問い合わせフォームも作成できます。また、明朝とゴシックの2種類のWebフォントを利用できるため、ホームページの雰囲気に合わせて使い分けることもできます。

・無料プラン

サーバー容量:500MB

帯域幅:2GB

独自ドメイン:利用不可(サブドメイン表示)

.co.jpなどを用いたコーポレートサイトを制作したい場合は、有料プランを検討しましょう。

・有料プラン(JimdoPRO)

月額:945円(年額請求)

サーバー容量:5GB

帯域幅:10GB

日本語Webフォント:15書体

独自ドメイン:利用可能

メールアカウント:1件

優先サポート:有り

アクセス解析:有り

Jimdoロゴ表示:非表示可能

ネットショップ:ベーシック機能

・有料プラン(JimdoBUSINESS)

月額:2415円

サーバー容量:無制限

帯域幅:無制限

日本語Webフォント:176書体

独自ドメイン:利用可能

メールアカウント:20件

優先サポート:有り

アクセス解析:有り

Jimdoロゴ表示:非表示可能

ネットショップ:完全版

BINDup(バインド・アップ)

ホームページ作成ツール比較4選(WIX,Word Press,Jimdo,BINDup)

250以上のテンプレートから、テキストや写真を入れ替えるだけで思い通りのホームページ作成ができるツールです。また、レスポンシブデザインになっておりスマートフォンでの表示にも対応しています。

ショッピングカードやフォーム機能など一通りの機能が揃っているのも有り難いポイントです。ただし、無料のエントリープランでも2年目からは480円かかるため、ずっと無料でホームページを作成したい方は注意しましょう。

料金:無料コース、有料コース(基本コース・ビジネスコース)

・無料(エントリー)コース

月額:2年目からは480円

サーバー容量:1GB

独自ドメイン設定:不可

ライセンスユーザー:1ユーザー

デスクトップアプリ:なし

常時SSL:非対応

・基本コース

月額:2480円

サーバー容量:300GB

独自ドメイン設定:5個まで可能

ライセンスユーザー:1ユーザー

デスクトップアプリ:2台までインストール可能

常時SSL:対応

・ビジネスコース

月額:8166円

サーバー容量:1TB

独自ドメイン設定:40個まで可能

ライセンスユーザー:20ユーザー

デスクトップアプリ:2台までインストール可能

常時SSL:対応

まとめ

いかがだったでしょうか?予算やホームページ作成に関する知識に合わせてツールを選び、手軽にクオリティの高いホームページ作りを目指しましょう。

クラウド広告運用サービス Roboma (ロボマ)
ホームページ作成ツール比較4選(WIX,Word Press,Jimdo,BINDup)
メルマガに登録して最新情報をゲット!

マーケティングをより本質的に

Robomaスクリーンショット
Roboma (ロボマ) は、マーケティング業務の AI による効率化を目指して、主に集客における広告業務を自動化するクラウドサービスです。広告レポートの自動作成や、ダッシュボードでのリアルタイム分析、クリエイティブ分析、広告運用のアシスト機能などを提供します。